インドネシア映画倶楽部 第3回「トゥンコラック(ドクロ)」(Tengkorak)

文・横山裕一

 

 2018年10月、インドネシア人の間でさえ殆ど知られることなく、あるインディーズ映画が全国公開され、その短い上映期間を終えていった。しかし、人知れず埋もれていってしまうにはあまりにも惜しい、そして魅力ある作品だったためこの場でお伝えしたい。

 「常識が覆された時、人間は本能的にそれを打ち消す方向に動きがちである」—— 映画「トゥンコラック(ドクロ)」はそんな人間行動へのアンチテーゼもはらんだ、インドネシアでは珍しい本格SFサスペンス映画である。何といっても冒頭から発想が奇想天外で驚かされる。

 2006年、古都ジョグジャカルタを中心に襲った大地震。多くの犠牲者を出した大災害(ここまでは事実)は、とんでもない「余震」まで残していった……。ジョグジャカルタの山間部、ある老人が岩に腰掛けて丘を見上げ続けていた。眼鏡越しのその瞳はじっと動かない。彼の視線の先には、地震で土砂が崩れてむき出しになった巨大な頭蓋骨が姿を現していた!

 このニュースはインドネシアはおろか全世界でたちまち議論の的となる。頭蓋骨の大きさから推定身長は実に1850メートル、しかも17万年も前のものとされた。人間なのか? だとしたら人間の起源とは? 我々はどこから来たのか? 従来の定説が覆される事象に科学界だけでなく社会、宗教界、各国政府に激震が走る。インドネシア政府は調査組織を立ち上げ研究所を建設、各国の研究者も交えて調査分析を始める。巨大頭蓋骨が発見された一帯は厳重に封鎖され、小銃を携えた国軍や警察が物々しく警備にあたる。「発見物」もコンクリートの厚い壁に覆われる。

 主人公は研修生として研究所のレストランで働く女子大生アニ。休憩時に提供する珈琲がきっかけで、ある外国人研究者と親しくなる。しかし、穏やかに時が流れていた研究所も、政府の事実隠蔽の方針決定で一変する。特殊部隊が次々と研究者や関係者を口封じのため抹殺していく。アニも命を狙われたが、命令に反した一人の特殊部隊員が彼女を守って共に逃走を試みる。幾度も危険を乗り越え彼女は逃げ切るが、知らぬうちに「発見物」に関する「重大な秘密」を外国人研究者から託されていた事に気づく。テレビニュースは政府が「発見物」を爆破処分することを報じる。政府に「重大な秘密」を伝え爆破処分を止めようとするアニ。果たして思いは届くのか、そして再び奇想天外なエンディングが訪れる……。

 物語の発端である巨大頭蓋骨発見はまさにSFであるが、その後の展開は不測の事態に対する人間あるいは組織が実際にとりうる行動としてシミュレーションされているところに観客を惹き付ける要因がある。劇中、情報が少なく多少事実関係に戸惑う部分はあるものの、冒頭の驚き、息をつかせぬアクションシーン、さらに驚きのエンディングととても見応えある作品だ。実際、アメリカの映画祭などで賞をとった上、国内の映画祭でも名だたる監督らから高評価を得ている。地元紙ジャワポスも「インドネシア映画の『型紙』となりうる」と新ジャンルへの期待を表している。

 同国でのSFサスペンス映画はごく稀で、近年では2017年に上映された映画「地獄の門」(Gerbang Neraka)くらいではないだろうか。これは西ジャワ州の山頂にある古代遺跡が、世界最古のピラミッドではないかとアメリカの研究機関が5年前に発表して当時話題を呼んだ事実をもとに作られたSF作品。古代人が地獄へ通じる門を封印した遺跡だとして、考古学者やタブロイド紙の記者が秘密を暴いていく奇抜な魅力あるストーリーだった。しかし残念な事に、映画の約3分の1が地獄の門番ならぬ怪物が関係者を次々と襲うといった、ホラー映画的要素で占められていた。その意味でも映画「トゥンコラック(ドクロ)」はインドネシア初の本格的なSFサスペンスといえるだろう。

 さらにこの映画の特筆すべき点は、低予算のインディーズ映画であることだ。脚本、編集、一部撮影、さらに準主役も演じた、ユスロン・フアディ監督(36)はガジャマダ大学の教授。100人余りのスタッフ殆どが同大の学生だったという。俳優陣はじめスタッフはノーギャラ、撮影現場での食事を提供しただけとのこと。恒常的な資金不足から撮影は127日間だったが、制作期間は3年間にも及んだ。制作費はインドネシアでは少なくとも1000万円はかかるのが常だといわれる中、わずか400万円余り。映画製作への情熱が作品への魅力を増大させた好例だ。ユスロン監督によると商業映画館での上映依頼も配給会社に飛び込みでプレゼンしたとのことだ。同監督曰く「自己紹介から始めたよ」。

 実際、インドネシアではインディーズ映画の方が派手さはないが面白い作品が多く元気がいい。本作以外にも過去3年間で「言葉にするのは今はやめておこう」(Istirahatlah Kata Kata)、「墓参り」(Ziarah)、「サラワク/盾」(Salawaku)と魅力ある作品が生まれている。いずれも海外の名だたる映画祭で高評価を得て、「凱旋」的に国内の商業劇場での上映に至っている。コメディ、ホラー、恋愛もの、さらにはテレビ人気ドラマの映画化が多数を占める商業路線と比べ、強いテーマやメッセージ、地方独自の風土を絡めて制作されている事が共通点である。これは日本でも2018年、インディーズのヒット作「カメラを止めるな!」が東京でたった3館での上映から遂には全国300館上映にまで至ったのに似ている(ちなみに同映画は2018年末ジャカルタなどで開かれた日本映画週間だけでなく、一般のインドネシアの映画館でもロードショーとして上映されている)。

 今回紹介した「トゥンコラック(ドクロ)」もそうだが、インディーズの宿命として広告費に予算が割けず観客に作品の魅力はおろか、存在そのものを知ってもらう機会が非常に限られているのが残念である。インドネシア映画のDVD化がほとんど普及せず、インターネットサイトでもごく一部しか視聴できないため、同作品を鑑賞する機会が今後あるのかどうかは不明である。しかし、もし機会があった場合に備えて同作品名を必ず覚えておいてほしい。日本アニメ「エヴァンゲリオン」を彷彿とさせる衝撃のラストシーンに是非とも辿り着いてもらいたい。

 

予告編

https://www.youtube.com/watch?v=ufPoyTKB2Ic

インドネシア映画倶楽部 第1回 「マルリナ〜ある殺人者の四幕〜」(MARLINA SI PEMBUNUH DALAM EMPAT BABAK)

インドネシア映画倶楽部 第2回 「アホックと呼ばれる男」(A MAN CALLED AHOK)

「月の砂漠〜a」

ツトム・ミズタ
2018年、30×30センチ
リト&コラージュ、いずみ(中性紙)

価格 : 8,000円(シートのみ、送料別)

インドネシア全34州の旅 #23  西ジャワ州  
緑の中にたたずむ伝統村

文・写真…鍋山俊雄

 

 ジャワ島の中部から東部はジャワ語圏だが、西部はスンダ語を話すスンダ人が中心であり、ジャカルタから少し足を伸ばせば、独特の伝統や生活様式を今でも守っている村を見ることができる。

 ジャカルタの西隣であるバンテン州の山中に住むバドゥイ(Baduy)が有名だが、ジャカルタから、それとは逆方向の東へと向かい、バンドンを越えた所、ガルット(Garut)とタシクマラヤ(Tasikmalaya)の間に小さな村がある。この「カンプン・ナガ(Kampung Naga)」も、先祖伝来の生活様式を守る村として知られる。

 バンドンからは相応の距離がある。バスを乗り継げば村まで行けるようだが、週末2日の弾丸旅行をするには、どうも時間が足りない。いろいろ調べたところ、ジャカルタのハリム空港からタシクマラヤまで、ウイングス航空が1日1往復、飛んでいることがわかった。それを使えば、土曜の昼過ぎにタシクマラヤに入り、そこで車をチャーターすれば、カンプン・ナガまでは1時間余りで行ける。午後3時ごろに到着すれば、夕方までの2時間半程度、村を見学することができる。

タシクマラヤに到着

タシクマラヤ空港

 村は、タシクマラヤからガルットへ向かう幹線道路の脇にあり、バスも停車できる大きな駐車場に、いくつかのお土産物屋が並んでいる。入村料などはないが、村の人がガイドをすべく、駐車場で声をかけてくる。ここは遺跡ではなく、実際に人が住んでいる集落なので、説明展示ではないし、どっちみち村に行っても、人に話を聞かないと村のことはわからない。ガイドの1人に声をかけて、案内してもらうことにした。

カンプン・ナガ入口の石碑

 村へは、ここから坂を下り、歩いて15分程度の道のりだ。昔はただの山道だったが、今では、ちゃんと階段が付いている。階段をのんびり降りながら、村の全景が収まる撮影ポイントを探す。

この階段を降りて行きます

 カンプン・ナガは思ったよりも狭く、同じ様式の家が同じ方向を向いて寄り集まっており、その周りを水田と川が取り囲んでいる。日常見かけるジャワの雑然としたカンプンの眺めとは違って、同一の家が自然の緑の中に整然と並ぶ風景は美しい。

 ガイド氏の説明によれば、この地区は、約1.5ヘクタールの広さ。112軒の家があり、およそ300人の村民が住んでいる。居住地は竹の壁で区切られており、その外には家を建てられない。

境界を示す竹垣

竹垣に囲まれた家

 この村では、先祖代々の伝統や独自の規範を守って生活しており、外部からの文明を自ら制限している。電気、ガス、水道もなく、昔ながらの道具のみで生活している村なのである。

 家は、昼間の時間を通じて日の光が均等に当たるように、屋根の向きがすべて東西に平行になるように建てられている。そうすることで、屋根の材料も長持ちするそうである。

 村の中にあるガイド氏の家にも案内してもらって、湯冷ましで入れたお茶を飲みながら、いろいろ話を聞いた。

 家の中は基本的に3部屋で、居間、寝室、台所のみ。トイレと浴室は共同で、各家にはない。電気がないため、部屋の照明はランプ、煮炊きは薪を使って、かまどで行う。途中に小さな売店があり、ペットボトル入りの水を売っていたが、それは訪問者向けで、住民は共同の井戸の湧き水を沸かして使っている。

かまどのある台所

 壁は石灰で白く塗ってあるのだが、竹を編んだ折り重ね構造のため、蚊も入らず、家の中は涼しい。昼間は竹の壁から光が入り、中から、外にいる周囲の人が見えるとのこと。夜は逆に、ランプの光が壁から透けて、家の外から、中の様子がほんのり見えるそうだ。

ランプ

竹を編んだ壁

 来る途中に、ごく少ないが、テレビの簡易アンテナのような物を見た。テレビはごく限られた人が保有している。電気がないので、バッテリーを使うらしい。

 各家の軒先では、女性たちが、昼間の副業として竹細工を作っている。村に学校はなく、子供たちは、村に入る時に降りた階段を、毎日、上り下りして、村の外部にある学校に通う。

 結婚は、「イスラム教徒が相手」という以外に、制限はないそうだ。家の数が限られているので、この村出身者の多くが、村の外にも、たくさん家を建てて住んでいる。居住地以外であれば、現代の機械を自由に使っても良いとのことだ。年に6回ほど、イスラムの慣習に則った村の伝統行事があり、多くの村出身者が集まる。

 この村の歴史はとても古いのだが、1956年に、イスラム国家独立を目指す団体の攻撃を受けて、村が全焼した。その時に、保存してあった先祖代々の文書、村の歴史、記録など、すべて焼失してしまったそうだ。天然素材の家で、狭い場所に軒先を連ねて建っているので、ひとたび火事が起こると、あっという間に燃え広がってしまう。今の集落は、その火事の後、再建されたものだ。

 家から出て、村の中で一際、大きな建物の前に来た。カンプン・ナガのモスクである。モスクには、木の幹をくり抜いた鐘のような物があり、村人を集める時には、これを叩いて招集する。

村のモスク

 村は小さいので、中をぐるっと見るだけなら、30分ぐらいで一回りできてしまう。ガイド氏と話しながら、元来た道を戻り、駐車場に向かう。山肌を登る階段の近くには、バレーボール・コートがあった。ここは村の居住区域内ではないから、このような物も作れるのだろう。

今でも使われている脱穀の道具

左前は稲を脱穀する場所

共同の炊事・洗濯場

 基本的に、文明の機器を導入するか否かは、村の長老会議で決めるそうだ。電気も水道もない村なのに、面白いことに、近年、この手続きを経て使用が許可されたのは、なんと、スマホ。理由は、学校に行っている子供たちや、外で働く人たちとの連絡に必要だから、ということらしい。ただし、村の中には電気が通ってないので、村の外の家に預けて充電をする。

 ガイド氏の知る限り、カンプン・ナガのような伝統的な生活を続けている村は、ジャワ西部ではバンテン州のバドゥイ以外に、小さな伝統家屋が残っている地域が少し。そのほかは、ほとんど知らないとのことだ。

 バドゥイの住民とはスンダ語が通じるので、村同士で交流がある。ガイド氏もバドゥィの村に行ったことがあり、外バドゥイの人がカンプン・ナガに来たこともあるそうだ(内バドゥィの人たちは、車に乗ることが禁じられてるので、さすがにここまでは歩いて来られないだろう、と言っていた)。

家が密集している所

 駐車場でガイド氏と別れ、車でタシクマラヤまで戻り、そこで1泊して、日曜昼のウイングス航空でジャカルタに帰った。

 私は、バドゥイの村には行ったことがないのだが、かなり山奥にあり、周辺と隔絶されていると聞く。一方で、幹線道路からさほど遠くなく、周辺の村外の家にスマホの充電を頼むけれど、頑ななまでに、村の中では伝統様式を守るこの村。緑の中にたたずむ美しい風景が今後も維持されていくのか興味深いところだ。

 

 

鍋山俊雄(なべやま・としお)
インドネシア在住期間は計12年になる。仕事でジャワ、カリマンタン、スマトラへの出張が多いことに加えて、「週末弾丸トラベラー」としてインドネシア各地を放浪し、全34州を訪問した。

 

 

インドネシア全34州の旅
#0 空港
#1 北スラウェシ州 インドネシアの最北端?
#2 アチェ州 インドネシア0キロ地点と津波の跡
#3 ブンクル州 英国の砦、スカルノの足跡
#4 南カリマンタン州 川の街の水上マーケット
#5 バンテン州 バンテン王国跡へ、列車の旅
#6 西カリマンタン州 春分の日に赤道へ 影がなくなった!
#7 南東スラウェシ州(上) 波の音しか聞こえない、ぜいたくな空間
#8 南東スラウェシ州(下) インドネシア最大級、ブトン王国の城壁都市
#9 バンカ・ブリトゥン州 アホック前知事の故郷、「ラスカル・プランギ」の島
#10 リアウ諸島州 最北端の島の1つ。石群が織りなす造形

#11 西スラウェシ州 トラベラーの中でも「まだ行ってない」率が高い

#12 パプア州 ①国境編(ジャヤプラ、メラウケ) 国境の看板の向こうは熱帯雨林

#13 パプア州 ②山編(ワメナ) 伝統の残り香のあるうちに

#14 パプア州 ③海編(ティミカ・パンタイ) 船で新しい土地へ

#15 パプア州 ④戦争編(ビアク) 息をのむ美しさの海、戦争の名残り

#16 西パプア州 ラジャアンパットを一人で弾丸旅行する方法

#17 リアウ州 仏教遺跡と王宮

#18 ジャンビ州 東南アジア地域で最大級の広さを持つ寺院遺跡群

#19 南スマトラ州 アンペラ橋の周りの見所を巡る

#20 ランプン州 草原の象、蝶の公園

#21 バリ州(ヌサペニダ島)  断崖絶壁と白砂ビーチめぐり

#22  ジャカルタ特別州  オランダ時代の「忙しい」島から見る高層ビルの街