インドネシア全34州の旅 #21 
バリ州(ヌサペニダ島)  断崖絶壁と白砂ビーチめぐり

文・写真…鍋山俊雄

 バリ島は間違いなく、インドネシアで最も有名な国際的な観光地だろう。ジャカルタは知らなくても、バリ島は南国の観光地として、日本でも有名だ。

 バリ州はそのバリ島が中心だが、今回はバリ島ではなく、その東に位置するヌサペニダ島をご紹介する。

 ヌサペニダ島に興味を持ったのは、機上からの眺めである。ジャカルタから東へ行く時にはいつも、バリ島を通り過ぎた後、わりと大きくて、鬱蒼とした緑に覆われた島が眼下に広がる。気になったのは海岸線だ。切り立った絶壁が多い。絶壁の下には、きれいな白砂の、まるでプライベートビーチのような小さい砂浜が見える。

 バリ島の東にはレンボンガン島という小島があり、そのさらに東にあるのが、このヌサペニダ島だ。ダイビング・スポットしてダイバーには有名だが、陸地の絶景にも注目され、徐々に観光客が訪れるようになっている。バリ島のサヌール海岸発でヌサペニダに渡る日帰りツアーや、1泊2日のツアーも、ここ数年、増えている。

 今回の旅では、1泊2日のツアーを手配した。午前7時半にサヌール海岸に集合なので、ジャカルタからの早朝便では間に合わず、前日深夜着の便でバリに入り、集合場所に近い宿に1泊した。サヌール海岸からはスピードボートで1時間少々で、ヌサペニダ島の中央にある船着場に到着する。海の色はバリに比べてさらにコーラルブルーが美しい。

サヌールの海岸に並ぶスピードボート

サヌールからスピードボートで約1時間

ヌサペニダ島に到着

 予約していた車に乗り込み、海岸線沿いに、1日目は島の東側を中心に見て回った。海岸線沿いにある漁村はまだ観光地化されておらず、素朴な漁村の人々の生活を垣間見ることができる。

 まず到着したのは、アトゥ・ビーチ(Atuh Beach)。舗装されていない山道を進み、車を止めた所からしばらく歩くと、素晴らしい眺めの絶壁が見えてくる。日本であれば、滑落防止に、かなり厳重に柵を作りそうなものだが、まだほとんど柵はない。一方で、「滑落注意」、「セルフィー撮影注意」、「自己責任」といった看板が目につく。

アトゥ・ビーチに向かいます

 アトゥ・ビーチへと向かう途中にも、周囲には絶景の岸壁と、その下の素晴らしい白砂の海岸が目に入る。まだ下に降りることはできないが、斜め下に向かって通路を掘る工事が進んでいた。見ていると、職人が数人、数十メートル下で岩を掘り進んでいる。完成時には手すりは作るのだろうが、「え?この高さをホントに歩いて降りるの?」というような高さから降りる、長い長い階段になりそうだ。

アトゥ・ビーチに向かう途中で見た、別のビーチに向かう、工事中の階段

工事中の階段

 アトゥ・ビーチの方向へ進んで行くと、目の前には切り立った岸壁が迫り、はるか下を見下ろすと海岸があり、観光客がくつろいでいるのが見える。ドライバー兼ガイド氏に「どうやってあそこへ行くのか?」と聞いたら、「そこから降りる」と言う。確かに、岩肌には一応、セメントで固めた階段がある。結構、急な階段で、降りるのもゆっくりだし、登るのもこりゃ大変だ、と思いながら、手すりのない階段を降りること15分ぐらい。海岸に降りて振り返ると、あんな所から降りたの?という感じ。

アトゥ・ビーチに向かって急階段を降りる

アトゥ・ビーチから、降りて来た階段を振り返る

アトゥ・ビーチ

 帰りに、同じ坂を登り切った後、ドライバー氏に、ほかの場所もこんなのかと聞いたら、このアトゥ・ビーチが最も距離が短くて楽なんだそうである。一抹の体力の不安を覚えながら、次のサウザンド・アイランド・ビュー(Thousand Island View)へと向かう。

 おなじみになった注意看板を通り過ぎ、まずは、崖からの眺めを楽しむ。青い海原に、ゴツゴツと切り立ってそびえ立つ島々の眺めが美しい。

 今度はロープの手すり付きの階段だ。これまた20分ぐらい降りただろうか。展望ポイントから、「Thousand」とは言わないが、多くの岩礁の眺めを楽しんだ。

サウザンド・アイランド・ビューのポイント

 これら2カ所の階段の上り下りを済ませた後、初日最後の目的地はスウェハン・ビーチ(Suwehan Beach)である。初日の3カ所の中では、最も階段が整っていて、手すりもしっかりしているが、降りる距離は最も長い。ドライバー氏も付いて来ずに、車で待っていると言う。通常は、降りるのに30〜40分、登るには、ペースにもよるが、1時間以上かかる、ということだ。下のビーチは、季節や時間帯によっては、満潮や波浪で立ち入りできない所となり、絶壁の麓に降り立った眺めは素晴らしいらしい。

スウェハン・ビーチに向かう階段

 10分ほど降りてみたが、階段の角度がかなり急で、段差が大きい。このヌサペニダ旅行の後、そのままバリ島で三都市対抗(ジャカルタ、スラバヤ、バリ)バドミントン大会に参加する予定だったので、筋肉痛への懸念から、最後まで降りるのを断念した。

 10分ほど降りた所から下をのぞくと、海岸までは、まだかなりの距離がある。上に戻って、崖の端から直下の海岸を眺めたが、やはり相当、高い。ジャカルタの高層アパートの最上階から降りるような感じだ。

崖上からスウェハン・ビーチを望む

 その後、西側のクリスタル・ベイ(Crystal Bay)という海岸で一休みした後、簡素だが、新しい宿に到着した。海岸で夕日を眺めながら、夕食を取る。

クリスタル・ベイの海岸

 果たして翌日は、なかなかの筋肉痛だ。2日目は午前中のみで、島の西の2カ所を周る。最初はブロークン・ビーチ(Broken Beach)だ。ドライバー氏は、日帰りツアー客で混む前に、朝一番で行った方が良いと言う。勧めに従い、早朝から向かう。

 エンジェルズ・ビラ・ボン(Angel’s Billa Bong)という名の、岩のゴツゴツした海岸近くに到着した。まずは階段がないことに若干ホッとしつつ、ブロークン・ビーチに向かう。ドーナツ型の切り立った岩の壁に囲まれたビーチだ。そこに降りることはできないが、岸壁の上から砂浜の眺めを楽しみつつ、ドーナツ上の入江を歩いて回ることができる。

エンジェルズ・ビラ・ボン

ブロークン・ビーチ

ブロークン・ビーチから海を望む

 ブロークン・ビーチには、鶏によく似た鳥がいた。あんな所になぜ鶏がいるのかと思ったが、ドライバー氏の説明では、鶏ではなくて森に住む野鳥で、この岸壁上に飛んで上がれるとのことだ。

 ブロークン・ビーチの眺めは素晴らしい。そこから反対側に視線を転じると、海岸線の岩場も素晴らしい。好天に恵まれて、岩に白波が当たる眺めをしばらく楽しんだ。

 最後の訪問地はクリンキン・ビーチ(Klingking Beach)。ここからの風景がヌサペニダ島の観光のアイコンとなっている、素晴らしい絶景ポイントだ。岸壁から下をのぞき込むと、馬の背のようになった岩礁の脇にクリンキン・ビーチが見える。岸壁にはフォト・スポットがあり、観光客が長蛇の列となって、その馬の背を背景に、岸壁に座って撮影している。

クリンキン・ビーチの周辺は断崖絶壁

クリンキン・ビーチを望むフォト・スポット

 フォト・スポットから10メートルほど進むと、木の根とツタに覆われた、下へと降りる急な崖道がある。ここには整備された階段はなく、岩や木の根で、ある程度整った、切り立った崖を降りていく。下の海岸までは少なくとも1時間、登りは2時間とのことだ。つまり、下での滞在も考えると、4時間近くは見ておいた方がいいことになる。観光客はおそるおそるのぞいたり、ちょっと試しに降りてみたりしているが、大半は降りずに、上で写真を取って終わりのようだ。

 何人かの外国人が、下から汗だくになって登ってきた。一方で、地元の女性が崖下での商売用なのだろうか、頭の上にココナッツを入れた大きなかごを乗せて降り口に立ち止まったかと思うと、サンダルをさっと脱いで、かごを頭に載せたまま、スタスタと降り始め、あっと言う間に見えなくなってしまった。インドネシア国内の山岳地帯でもよく見かける光景だが、地元の人は、ひ弱な都会人を尻目に、大人も子供も、実に簡単そうに、難所をスイスイと行ってしまう。私もちょっとだけ降りてみたが、とてもじゃないが、あの女性のスピードでは降りられない。

クリンキン・ビーチに向かって階段を降りる女性

下まで降りればクリンキン・ビーチは近い

別の場所から見た、クリンキン・ビーチに降りる崖

 クリンキン・ビーチの眺めを楽しんだ後、港に向かい、再びスピードボートでサヌールに戻った。

 この島はダイビング・スポットとして知られているが、地上の絶景ポイントも本当にお薦めだ。高所恐怖症でなくて、相応の体力があれば、岸壁の下に広がる隠れビーチを楽しめるだろう。個人的にも、今度は2泊3日で、今回パスした海岸訪問のために、もう一度、訪れたい島である。

 

 

鍋山俊雄(なべやま・としお)
インドネシア在住期間は計12年になる。仕事でジャワ、カリマンタン、スマトラへの出張が多いことに加えて、「週末弾丸トラベラー」としてインドネシア各地を放浪し、全34州を訪問した。

 

インドネシア全34州の旅
#0 空港
#1 北スラウェシ州 インドネシアの最北端?
#2 アチェ州 インドネシア0キロ地点と津波の跡
#3 ブンクル州 英国の砦、スカルノの足跡
#4 南カリマンタン州 川の街の水上マーケット
#5 バンテン州 バンテン王国跡へ、列車の旅
#6 西カリマンタン州 春分の日に赤道へ 影がなくなった!
#7 南東スラウェシ州(上) 波の音しか聞こえない、ぜいたくな空間
#8 南東スラウェシ州(下) インドネシア最大級、ブトン王国の城壁都市
#9 バンカ・ブリトゥン州 アホック前知事の故郷、「ラスカル・プランギ」の島
#10 リアウ諸島州 最北端の島の1つ。石群が織りなす造形

#11 西スラウェシ州 トラベラーの中でも「まだ行ってない」率が高い

#12 パプア州 ①国境編(ジャヤプラ、メラウケ) 国境の看板の向こうは熱帯雨林

#13 パプア州 ②山編(ワメナ) 伝統の残り香のあるうちに

#14 パプア州 ③海編(ティミカ・パンタイ) 船で新しい土地へ

#15 パプア州 ④戦争編(ビアク) 息をのむ美しさの海、戦争の名残り

#16 西パプア州 ラジャアンパットを一人で弾丸旅行する方法

#17 リアウ州 仏教遺跡と王宮

#18 ジャンビ州 東南アジア地域で最大級の広さを持つ寺院遺跡群

#19 南スマトラ州 アンペラ橋の周りの見所を巡る

#20 ランプン州 草原の象、蝶の公園

インドネシア全34州の旅 #20 
ランプン州 草原の象、蝶の公園

文・写真…鍋山俊雄 

 ジャワ島からスマトラ島への玄関口であり、スマトラ縦断高速道路の入口となるランプン州。州都はバンダルランプン。ジャワ島西端のメラックからフェリーで海峡を渡って陸路で行くこともできるが、飛行機で飛べば40分ほど。離陸して水平飛行に入ったと思ったら、すぐに着陸に向けて降下を始める近さである。ジャワ島から近いこともあり、ジャワからの移住者(ジャワ人、スンダ人)のほか、スマトラの北部からのバタック人の移民も多いそうである。

新しくなったランプンの空港。スカルノハッタ空港第3ターミナルに似ている?

 ランプン州には自然を楽しむいくつものスポットがあり、中でも、野生の象が広大な草原で暮らすワイカンバス国立公園が有名である。ランプン州の東海岸沿いにあり、1300平方キロ余りの広大な三角形の原野と野生林。公園内にはスマトラトラ、スマトラサイなどの希少動物のほか、多くの野生動物が生息している。

ワイカンバス国立公園、象保護地域の入口

 空港から東に車を走らせること約2時間で、国立公園の入口に到着する。ゲートをくぐって森林道路をさらに15分ぐらい進むと、スマトラ象の保護地域に到着する。そのまま進むと池があり、「MANDI GAJAH」(象の水浴)との掲示がある。朝に行けば、ここで象の水浴が見られると聞いていた。

 その通りに、木陰の間から、象使いを乗せた象が2、3頭ずつ順番に現れて、ゆっくりと池の中に入って行く。所々、深いのか、それともしゃがんでいるのか、象の体全体が見えなくなる程度まで沈んでいく。象使いは象に乗ったまま一緒に池の中に入り、象が潜っている時は、背中の上に立ち上がって待っている。象たちは、気持ち良さそうにひとしきり水浴した後、池の反対側に抜け、広い草原に向かって歩いて行った。

 草原のあちこちでは、水浴の終わった象が、のんびり草を食んでいる。動物園なら柵の中にいるのを上から眺め、サファリパークでも車の中からしか見たことのない象が、ここでは柵もない広々とした草原にいて、象と同じ空間の中で、彼らを楽しめる。

親と一緒で、うれしそうな子象

 一方で、彼らも人間を見てるようだ。両親と一緒にいる子象(背丈は人間の大人ぐらい)がいた。親にじゃれたりして、なかなか愛らしい。10メートルぐらい離れた所で写真を撮りながら見ていたら、私の方に向かってトコトコ歩き始めた。どうやら私に好奇心を持ったらしい。小さい子供や子犬が珍しい物に近付くように近付いてきた。だが、子象と言っても、結構、大きい。ずんずん近付いてきたが、ちょっとこちらが躊躇していると、「つまんないの!」という感じで、くるっと振り返って、また親の所へ戻って行ってしまった。

 この国立公園では、象の背に乗って草原を行くツアーがあると聞いていたが、私が行った時は、このアトラクションは中止していた。でも、広い草原の中で象がたたずんでいる姿を見ているだけでも、十分に楽しい。草原の中の道を散歩していると、2頭の象が大きな耳を揺らしながら向き合って、じゃれ合っている。けんかではないようだが、何か議論しているかのように見えた。

 さらに進むと、草原の中に、真新しい大きな建物がポツンと現れた。「象の病院」と書いてある。中には誰もいなかったが、裏庭には柵に囲まれた区画(象の診療室?)があった。公園の入口近辺には、象に乗って少しだけ歩き回ることのできる体験場があり、親子連れで賑わっていた。

象の病院

 もう1カ所のお薦めは、バンダルランプン周辺の街を囲む山沿いにある、スマトラ島の蝶を集めた公園(Taman Kupukupu Gita Persada)。こちらは、空港からバンダルランプンの街の方に車を走らせ、約1時間。1997年に蝶保護のために整備され、約180種類の蝶が観察できるという。インドネシアには約6000種類余りの蝶が生息しているそうである。

 丘の傾斜面に4階建の博物館が立っており、入口付近の1、2階には土産物屋のほか、蝶の標本や絵画が展示され、上層が観察塔となっている。その周辺の森の中には、ドームやベンチがあり、のんびり座って蝶を観察することができる。

 公園に到着した時には、あいにく雨が降っており、蝶はまったく見られなかった。ドームの中で待つこと約1時間。雨が上がり、少し陽がさすようになって、ようやく、ちらほらと蝶が集まり始めた。

 ドームの中で6〜7種類の蝶を見た後、外を散歩してみた。蝶の公園と言っても、カゴに蝶が入っていて順番に観察できるという場所ではなく、外でのんびり散策してると、ひらひらと飛ぶ物が視界に入る、というような公園なのだ。

 1854〜62年、アルフレッド・ラッセル・ウォーレスという、博物学者であり探検家だったイギリス人が、スマトラからパプアまで、現在のインドネシアのほぼすべての地域をくまなく巡りながら、昆虫や動物、鳥類の採集活動を行った。その探検と採集の記録を記した『マレー諸島』という傑作に描かれている、ウォーレスが新種の蝶を追いかけた話を思い出しながら、その気分に浸ることもできる。

ドーム内での蝶のさなぎ観察

 森を眺めていると、葉の上に蝶がじっと止まっていたり、日本ではまず見たことのない鮮やかな色の蝶が、頭上をひらひらと飛んでいたり。結局、公園には3時間半ぐらいいて、10種類以上の蝶を見ることができた。

 ランプン州はこのほかにも、野生のイルカを見られることで有名なキルアン島周辺、「クラカタウの大噴火」で有名なクラカタウ山など、興味深い観光名所が多い。この辺りは空港からかなり遠くなるので、少し時間はかかるが、ジャワ島西端のメラックからフェリーでランプン州に渡るルートで行ってみたいと考えている。

 

 

鍋山俊雄(なべやま・としお)
インドネシア在住期間は計12年になる。仕事でジャワ、カリマンタン、スマトラへの出張が多いことに加えて、「週末弾丸トラベラー」としてインドネシア各地を放浪し、全34州を訪問した。

 

インドネシア全34州の旅
#0 空港
#1 北スラウェシ州 インドネシアの最北端?
#2 アチェ州 インドネシア0キロ地点と津波の跡
#3 ブンクル州 英国の砦、スカルノの足跡
#4 南カリマンタン州 川の街の水上マーケット
#5 バンテン州 バンテン王国跡へ、列車の旅
#6 西カリマンタン州 春分の日に赤道へ 影がなくなった!
#7 南東スラウェシ州(上) 波の音しか聞こえない、ぜいたくな空間
#8 南東スラウェシ州(下) インドネシア最大級、ブトン王国の城壁都市
#9 バンカ・ブリトゥン州 アホック前知事の故郷、「ラスカル・プランギ」の島
#10 リアウ諸島州 最北端の島の1つ。石群が織りなす造形

#11 西スラウェシ州 トラベラーの中でも「まだ行ってない」率が高い

#12 パプア州 ①国境編(ジャヤプラ、メラウケ) 国境の看板の向こうは熱帯雨林

#13 パプア州 ②山編(ワメナ) 伝統の残り香のあるうちに

#14 パプア州 ③海編(ティミカ・パンタイ) 船で新しい土地へ

#15 パプア州 ④戦争編(ビアク) 息をのむ美しさの海、戦争の名残り

#16 西パプア州 ラジャアンパットを一人で弾丸旅行する方法

#17 リアウ州 仏教遺跡と王宮

#18 ジャンビ州 東南アジア地域で最大級の広さを持つ寺院遺跡群

#19 南スマトラ州 アンペラ橋の周りの見所を巡る