作…こまつか苗

 カピバラ忍者・カピ蔵と、修験者・風雷坊の前で練習試合をすることになった小太郎。動きやすい道着に着替え、木刀をかまえて向かい合った。

「ふふふふ、小太郎とやら」
 
 カピ蔵が不敵な笑みをうかべた。
inko02_01
「今、はっきりとわかった。おぬしはわたしに勝てぬ」

「どうしてそんなことがわかるのだ!」

「おのれの姿を見よ」
inko02_02
「……あっ、しまった!」

 緊張した小太郎は、袴の片方に両足をつっこんでいた。

「ううっ、どうも身動きがとれんと思ったら……」

「ふふふ、まぬけだのう。では、こちらからまいるぞ。九字護身法!」

 九字護身法は、9つの漢字をあらわす「印」を手指ですばやく結ぶものだが、カピ蔵はカピバラなので全身であらわすようだ。
inko02_03
inko02_04
inko02_05
inko02_06
 カピ蔵が九字護身法をしている間に、形勢を立て直した小太郎が一撃!
inko02_07
inko02_08
inko02_09
inko02_10
inko02_11
 倒れたカピ蔵は煙幕をはって、突然、姿を消した。あとには、カピバラの毛が1本落ちているだけだった。

「こっ、これは」

「煙豚(えんとん)の術じゃな」

 風雷坊が言った。
inko02_12
「あいつは都合が悪くなると火薬玉を投げて消えるのじゃ」

「はあ……」

「口ほどにもない奴じゃが、あれはあれで意外と役に立つこともあるのじゃ。妙なところを見せたな。ときに、先ほども聞いたが、おぬしらはどうやってここに来た。もう少し拙者にわかるように、話をしてはくれぬか」

 風雷坊はなかなか、頭がやわらかいようであった。

「ふうむ。なるほどな……にわかには信じがたいような話じゃが、そういうことなら、拙者の鉄壁の守りをすりぬけて、この屋敷にあらわれた訳もわかるような気がする」

「信じてくださいますか?」

「おぬしらからは嘘の匂いはせぬ。信じよう」

「ありがとうございます」

「じつは最近、少し困ったことが起こってな。いろいろと対策を練ってきたが、どうも拙者の力だけではどうにもならぬ」

「困ったこと……」

「こういう時は、おぬしらのようにまったく違うところから来て、違う見方でものを見る者たちが必要なのじゃ。もしよければ、わが屋敷に食客としてしばらく過ごし、力を貸してはくれまいか」

 こうしてオカメもんと小太郎は、風雷坊の屋敷にとどまることになったのだった。(つづく)
 
 
インコ侍 0 時間旅行へ出発!
インコ侍 1 戦国時代
 
 
こまつか苗(こまつか・なえ)
ペンギン・インコ陶作家。京都の清水焼の工房で陶絵付け職人として10年働いた後、大阪の自宅に開窯し、ペンギンとインコをモチーフにした陶作品(時々、カピバラ)を制作している。本職とは違うものの、イラストと文章による「らくがきドラマ」、「ラグビーポジション・インコ解説」などを発表し、好評を博す。