【特集】私の好きなインドネシアの本 
旅をしながら考える。

お薦めする人 鍋山俊雄
 インドネシアはどうなってしまうのかと思われた当時の感覚を思い出す。
book_nabeyama1塩沢英一『インドネシア烈々』(社会評論社、2000)

 旅、時事に絞ってそれぞれ3冊のお薦め本を選んでみた。 

 まずは時事から。私が初めてインドネシアに赴任して来たのは1999年8月。前年の5月にはジャカルタ暴動が起こり、多くの外国人が国外へ一時脱出、そして30年以上も続いたスハルト政権が崩壊している。それから1年以上経ってから赴任したのだが、当時はまだまだ不穏な空気が世の中を支配していた。私が着任した8月には東ティモール州独立を進めるかどうかの住民投票が行われて独立派が勝利、それに勢い付いて、独立運動の盛んであったスマトラのアチェ州やパプア州の動向を伝えるニュースも多く、インドネシアの地図の形がどんどん変わってしまうのではないかという不安さえ感じられた。

 今となっては20年近くも前の話であり、当時を直接、見聞きされた方も少数派となっているだろうが、当時のインドネシアの状況をまとめて読み通すことができる1冊に、共同通信ジャカルタ特派員だった塩沢英一氏の書かれた『インドネシア烈々』がある。表紙にあるジルバブを被った少女たちが銃を構える写真が衝撃的であり、このころのインドネシアがどのような状態であったのかをうかがい知ることができる。当時の雰囲気を追体験でき、インドネシアはどうなってしまうのかと思われた当時の感覚を思い出す。
 
 
 本を読んだり、自分で見聞きして、なんとなく疑問に思っていたことが、この本を読んで、点と点が線で繋がるような感覚を覚え、そういうことだったのかと腹落ちすることも多かった。
book_nabeyama2本名純『民主化のパラドックス』(岩波書店、2013)

 スハルト政権交代以降のインドネシアの重要なテーマの1つは「民主化」。これについて、丹念な取材と長年のインドネシア研究に基づく筆者の知見の深さを垣間見ることができるのが、本名純氏の『民主化のパラドックス』である。本を読んだり、自分で見聞きして、なんとなく疑問に思っていたことが、この本を読んで、点と点が線で繋がるような感覚を覚え、そういうことだったのかと腹落ちすることも多かった。

 今年は1997年のアジア通貨危機から20年。インドネシアはその後、7代目の大統領を数え、それも20年前では考えられなかった、軍人でも政治家一族でも宗教関係者でもない、民間出身の大統領である。一方で、最近のアホック前ジャカルタ州知事裁判、今年から「パンチャシラの日」として6月1日が国民の祝日となるなど、表面的な安定の中にも、次の大統領選に向けて何かが水面下で始まっている。
 
 
 パプアの美しい海を見ながら、読破した。
book_nabeyama3井上治『インドネシア領パプアの苦闘』(めこん、2013)

 ここで、いくつかある独立紛争の中の1つ、パプアを取り上げた本をお薦めしたい。井上治氏の『インドネシア領パプアの苦闘』である。パプア州と西パプア州が左半分を占めるニューギニア島は、世界の島の中でグリーンランドに次ぐ面積第2位の島だそうである。この島はオランダ、ドイツ、英国、オーストラリア、そして日本など、多くの国の占領・統治を経験しており、最終的に、地形、民族に関係なく、国境線が真ん中に定規で線を引いたように引かれ、分割された。

 この本を手に取るきっかけとなったのは、パプアに行った時に、レンタルした自動車の運転手に独立運動について聞いたことだ。運転手は落ち着いた口調で、現在では下火になったと言って、独立運動の歴史について語り始め、「日本人としてはどう思うか?」と私の意見を聞いてきたのだ。

 パプア問題について、もう少し勉強したいと思い、探したのが、この本だ。西パプアのラジャアンパットへ行った時、パプアの美しい海を見ながら、読破した。

 
 
 まさに行った人でないとわからないその地の街の人々、生活が織りなす雰囲気、喧騒、匂いが感じられるような本なのだ。
book_nabeyama4小松邦康『インドネシア全二十七州の旅』((めこん、1995)
小松邦康『インドネシアの紛争地を行く』(めこん、2003)

 旅については、次の3冊をお薦めしたい。『インドネシア全二十七州の旅』、『インドネシアの紛争地を行く』、いずれも紀行作家の小松邦康氏の著作。そして『インドネシア鉄道の旅』、こちらはスラバヤ総領事館に勤務されていた古賀俊行氏の著作である。

 『二十七州の旅』の方は、1999年に赴任した時に、こちらの本屋で手に取って中身を見た。最初の話題は1992年バルセロナ五輪でインドネシア史上初の金メダルをバドミントンの男女シングルスでそれぞれ取得したスシ・スサンティ、アラン・ブディ・クスマのカップルの話。旅好きでバドミントン好きの私は一気に引き込まれてしまった。

 この本は、その州の見所はどこどこ、という観光紹介本ではない。1987年から91年ごろにかけて、小松氏と各地でのインドネシア人の触れ合いのエピソードが中心となっており、まさに行った人でないとわからないその地の街の人々、生活が織りなす雰囲気、喧騒、匂いが感じられるような本なのだ。そしてその時に見聞きした土地や人々がアジア通貨危機とスハルト政権崩壊後の混乱でどうなったのか、と、その地を再訪して、地元の人々の口で語られる当時の状況が綴られたのが『紛争地を行く』だ。この2冊は、当時の時事の本と併せて読むと、当時起こったことを複眼的に捉えられ、興味深い。
 
 
 仕事を持つ派遣邦人の立場でも、興味と熱意と、そして実際に乗りに行く行動力があれば、ここまで詳細に調べて、1冊の本が書けるのかと感嘆するとともに、充実した内容、情報で、旅した気分になってくる。
book_nabeyama5古賀俊行『インドネシア鉄道の旅』(潮書房光人社、2014)

 2回目の赴任の時(2013年)に見つけてうれしくもあり、驚いた本が、古賀氏の『インドネシア鉄道の旅』だ。1度目の赴任の時、ジャカルタ近郊で見られる鉄道といえば、ドアが全開で屋根にも人が鈴なりに乗り、とても外国人が気軽に乗れる代物ではなかった。

 仕事を持つ派遣邦人の立場でも、興味と熱意と、そして実際に乗りに行く行動力があれば、ここまで詳細に調べて、1冊の本が書けるのかと感嘆するとともに、充実した内容、情報で、旅した気分になってくる。週末を中心にインドネシア国内を弾丸旅行している身としては、どうしても移動は、特にジャワ島外は飛行機が中心となってしまう。でも、ジャワ島では行きが鉄道で帰りが飛行機というパターンで中部ジャワやスラバヤまで行ったことがあり、やはり鉄道の旅はいいものだと改めて感じる。政府計画では、スラウェシ横断やパプア地域の鉄道建設もあるようだ。ジャワだけでなく、スラウェシやパプアで鉄道の旅ができる日を楽しみにしている。
 
 
 いつか日本に帰った後、インドネシアのことを思い出しながらじっくり読むつもりで買い集めており、今、12冊ほどだ。
book_nabeyama6Kompas, “Pulau-Pulau Kecil Nusantara”(Kompas, 2014)

 最後に、必ずしも旅の本とは言えないが、私が収集しているお薦めのシリーズ本にちょっと触れておこうと思う。

 写真も解説も充実しているインドネシアの旅行ガイド的な本に、私はまだ出会ったことがないし、インドネシア人に聞いても、「そんなのはない」と言われる。じゃあ、どうやって情報収集するの?と聞くと、個人ブログだそうだ。

 そんな中、コンパス社が『Ensikllopedia Populer PULAU-PULAU KECIL NUSANTARA』というシリーズを出している。インドネシアには1万3000以上の島があるとされている。自分の行った島を数えてみたが、まだやっと40に到達したところ。本書はインドネシアの小さい島々を豊富な写真と解説で紹介し、眺めているだけでも楽しい。スラウェシやパプア、カリマンタン方面が中心だが、『DKI Jakarta』 という本もあり、ジャカルタの沖合にある小さな島々を紹介している。当然、インドネシア語なので、じっくり読み込んではいないが、いつか日本に帰った後、インドネシアのことを思い出しながらじっくり読むつもりで買い集めており、今、12冊ほどだ。
 
 
鍋山俊雄(なべやま・としお)
弾丸トラベラー。本誌に「インドネシア全34州の旅」を連載中。
 
 
【特集】私の好きなインドネシアの本 前編
仲川遥香『ガパパ!』 インドネシア在住者のバイブル。
編集長日記 「インドネシアとの出会い」の本
【特集】私の好きなインドネシアの本 後編
時と場所の交差点に立つ。
インドネシアの村の生活。
私のバティックの原点。
バリの芸能、バリ人の考え方。
「インドネシアの今」を理解するのに役立つ本。
インドネシアのポップ・ミュージック史。
インドネシア近現代史の入門書。
お薦めのインドネシア文学。
歴史を紐解く。

完成は8月下旬か? 
ジャカルタの「ジブリの世界」展。

 ジャカルタで8月10日に開幕した「ワールド・オブ・ジブリ・ジャカルタ」展は「遅くとも18日までに完成」(広報担当)の予定だったが、18日現在、まだ制作は終わっていない。前回(8月14日)の取材で「完成している」と思った作品にさらに手が加えられて完成度が上がっている反面、「ラピュタの飛行船」などはあまり進捗が見られない。しかし、楽しめる展示は増えてきており、来場者も前回より増えていた。

 18日現在の進捗状況は下記の通り。
 
<完成(または、ほぼ完成)した展示や改善点>
・会場に音楽がかかっていた!
・「千と千尋の神隠し」の湯屋の書き割りの裏側が出来(看板など)、灯籠にも「湯」の字が入っていた。湯屋の周りを歩いて見て回れ、橋も渡れる。「顔なし」の扮装をした人が写真撮影用にスタンバイ。
ghibli_DSCF9217
・「トトロ」のサツキとメイの家の内側がきれいに片付き、完成。家の中にも入れる。机の引き出しの中にも物が入っていたり、使用はできないが2階に上がる階段があったりと、再現ぶりが細かい。

ghibli_DSCF9238

「サツキとメイの家」の内部。乱雑に置かれていた物がきれいに片付けられていた


ghibli_DSCF9244

縁側に座ったベストポジションでスタッフが写真を撮ってくれる。日本にいるみたい


・「魔女の宅急便」のパン屋の内装が完成。パン、花などが飾られ、本物のパン屋のようだ。パンは本物だが、食べることはできない。
ghibli_DSCF9252

キキを模したパンの飾りも再現


ghibli_DSCF9270

黒服に赤いリボンというキキのコスプレをした女の子がいた。カウンターでポーズ


<未完成の展示>
・原画の展示(準備中のパネルに黒い布が掛けてあった。現場スタッフによると、展示は20日ごろから開始予定)
ghibli_DSCF9214
・「ラピュタ」の飛行船(会場の一角、カーテンの後ろで制作中。見たところ、ほとんど変化なし。会場には、ラピュタの街が設置されていた=一番上の写真=。白いままで、色塗りをするのかこれで完成なのかは不明。飛行船は街の上に浮かぶ予定)
・「もののけ姫」の森(森の中に乱雑に置かれていた資材は片付けられていた。「こだま」や画像投影がまだ)
・「アリエッティ」の家(外壁や扉など、家の一部が出来ていた。スタッフによると「完成は20日ごろ」とのこと)

 展示品のすべてがいつ完成するかをスタッフに聞いても「8月末」または「20日ごろ」といった返答で、確実な完成日はわからないようだ。
 
 
前記事→
8割ほどが完成。(2017年8月14日)
制作が開幕に間に合わず。ジャカルタの「ジブリの世界」展。(2017年8月12日)

【特集】私の好きなインドネシアの本 
インドネシア近現代史の入門書。

お薦めする人 堀田昌志
 インドネシアはいかにして成立したのか。インドネシアを作り上げてきた思想、また、インドネシアをめぐって展開されてきた思想はどのようなものであるのか。
book_hotta1土屋健治『インドネシア—思想の系譜』(勁草書房、1994)

 はじめまして。大学院生の堀田昌志です。インドネシア初代大統領スカルノのライバル、スタン・シャフリルの政治思想について研究しています。本稿では、土屋健治『インドネシア—思想の系譜』について紹介いたします。私がインドネシア近現代史を勉強するに当たって最初に手に取った、思い入れのある本です。

 本書との出会いは学部生時代にさかのぼります。大学2年に進級し、私は東南アジア史ゼミに所属することになりました。高校時代から日本近現代史に興味があったこともあり、「研究するんだったら新しい時代が良いなあ」と思っていました。しかし、研究する地域までは、まだ決めかねていました。転機となったのは大学2年の夏。当時の指導教官の勧めにより、大学のプログラムで中部ジャワへ行ったこと(マゲランの山村でのホームステイが主な内容)がきっかけで、私は、インドネシアを自分のフィールドにすることに決めました。

 インドネシア近現代史と聞いて、まず思い浮かべる人物といえば、スカルノです。「まずはスカルノについて勉強してみようかなあ」と思い、指導教官に参考となる文献をお聞きしました。「じゃあ、これ読んでみたら」といって薦められたのが本書でした。

 序文の冒頭で、土屋先生は本書の主題について以下のように説明しています。

 「一つは、インドネシアはいかにして成立したのか、ということであり、もう一つは、インドネシアを作り上げてきた思想、またインドネシアをめぐって展開されてきた思想はどのようなものであるのか、ということである」

 19世紀から20世紀前半のオランダ領東インドにおいて、オランダによる植民地支配から脱し、インドネシア国家・民族・文化を形成しようとした知識人たち(政治活動家や文化人)が、その内容をどのように構想していたか。本書では、これらについて、当時を生きた彼ら・彼女らの著述物を基に検討しています。取り上げられている知識人としては、ロンゴワルシト、カルティニ、スカルノ、モハマッド・ハッタ、シャフリル、キ・ハジャル・デワントロ、タクディル・アリシャバナといった人たちが挙げられます。また、建国理念であるパンチャシラ概念が、インドネシア独立以後にどのように成立・展開し、スハルト政権下において、いかにして国民に浸透が図られたかについても、検討がなされています。ということで、本書は、オランダ領東インド時代から、本書が出た当時はまだ存続していたスハルト政権期までの、インドネシアの近現代思想を概観できる1冊になっているといえます。

 1つだけ章をピックアップします。自分の研究の関係で、これまで何度か読み返しているのが、第5章の「スカルノとハッタの論争」です。この章では、1930年代前半のインドネシア国民党解散後の、インドネシア党(スカルノ側)とインドネシア国民教育協会(ハッタ・シャフリル側)間における、民族主義運動の方法(国民党解散や党組織のあり方、オランダに対する態度など)を巡る論争を、3人の文章や演説文を基に分析し、そこから見えてくる民族観や対オランダ観などの違いを考察しています(タイトルではスカルノとハッタにしか言及がありませんが、実際には「スカルノvsハッタ・シャフリル」という構図で論が展開されています)。

 双方の主張を確かめ、何が対立しているのか。その対立は、双方のどのような考えの元で発生しているのか。スカルノ側の史料とハッタ・シャフリル側の史料を往復し、それらを検討していくところが、大変、印象的で、「歴史研究って面白いなあ」と感じさせてくれる章でもある、と私は思っています。

 また、本章は、「大きな目的は一緒でも、そこに至る方法まで、皆、一緒とは限らない」という当たり前のことも気付かせてくれます。「オランダからの独立」や「インドネシア人による国家の樹立」という大きな目的は、多くの知識人や彼らの牽引する団体が共通して持っているけれども、そこに至るアプローチは組織によって違っていたのだ、と。この時期の政治史を勉強し始める前、私が持っていた民族主義運動に対するイメージは、「植民地支配を行っている宗主国に対して、民衆が一致団結して対抗していく」といったものでした。しかし、そんなに単純な話でもないのだなあ、と。「有力な2つの団体でさえこうだったのだから、多様な地域や民族、文化、政治潮流を『インドネシア』という1つの旗に糾合していくことはさらに困難なのだろう」と、読んでいてしみじみと思った記憶があります。

 本書が出版された1994年11月末から少し後の翌年2月、52歳という若さで土屋先生はお亡くなりになりました。そのため、これ以後の政治状況(例えばスハルト政権の崩壊など)や、他の研究者の研究成果を踏まえた増補版の『インドネシア―思想の系譜』を読むことは、残念ながら、もはや叶いません。しかし、日本語で読めるインドネシア近現代史、政治思想史の入門書としての役割は変わりません。今後も古典として読み継がれていってほしいなと思います。
 
 
堀田昌志(ほった・まさし)
岡山大学大学院博士前期課程2年。 スタン・シャフリルの政治思想について研究。
 
 
【特集】私の好きなインドネシアの本 前編
仲川遥香『ガパパ!』 インドネシア在住者のバイブル。
編集長日記 「インドネシアとの出会い」の本
【特集】私の好きなインドネシアの本 後編
時と場所の交差点に立つ。
インドネシアの村の生活。
私のバティックの原点。
バリの芸能、バリ人の考え方。
「インドネシアの今」を理解するのに役立つ本。
インドネシアのポップ・ミュージック史。
お薦めのインドネシア文学。
旅をしながら考える。
歴史を紐解く。