CAPTCHA


CAPTCHA


文・横山裕一

 前作から早くも一年、「ディラン」シリーズの最終作が本作品である。第1作「ディラン1990」(2018年公開)では観客総数約632万人、第2作「ディラン1991」では約525万人を動員した。いずれも詳細データのある2007年以降で歴代2位、3位の観客動員数を記録する、大ヒット作だった。(前作はインドネシア映画倶楽部第4回「ディラン1991」をご参照)

 それだけに最終章への期待も大きく、日刊紙コンパスのオンラインニュースによると、作品の主な舞台となる西ジャワ州バンドゥンでは、公開初日に合わせて出演者も舞台挨拶に来たため、若い女性を中心に大勢のファンが映画館を訪れたという。

 過去二作品では、ジャカルタからバンドゥンへ転校しディランと出会う少女、ミレアを通して物語が展開したが、今作品は副題に「ディランの想い(SUARA DARI DILAN)」とあるように、ディランの側から過去の二人の思い出を振り返り、どのような気持ちでミレアを想ってきたかが語られる。

 気持ちのすれ違いから二人が縁遠くなって6年後の1997年、二人の高校の同窓会が開かれる。再会する二人の行方はどうなるか、いよいよ結末を迎える。かつてディランが「恋しいと思っちゃいけない、辛くなるだけだから。耐えられないだろう?(辛い思いをするのは)僕だけで十分だ」とミレアに語った言葉をディラン自身が改めて実感する「想い」が作品全体を通してひしひしと感じられる。

 きめ細やかなディランのナレーションと回想シーンが中心となるため、初めて見る人でも過去の経緯がわかりやすい内容となっている。ファンにとっては過去二作品の名シーンを再びかみしめることができるだろう。

 ただし、回想シーン中心のため作品に目新しさが欠けてしまっているのは残念なところだ。ハリウッドや日本を含め、ヒット作の続編が制作されるのはファンの要望、興行面から世の常だが、前作を上回る作品がなかなか生まれないのも事実である。来年「インディジョーンズ」の第5作目が公開予定という。ファンである筆者としては嬉しい反面、観るのが怖いのも正直なところだ。

 今作品「ミレア」だけでなく、「ディラン」全作品を通して改めて感じられるのは、インドネシアでは若い男女の恋愛は日本と比べて、とてもオープンであることだ。男女間でお互いの気持ちが確認できれば、学校でも校外でも公言する。筆者がかつて街頭インタビューをカップルにした時も、日本では恥ずかしそうにするが、インドネシアでは逆に嬉しそうに「恋人です」と答えてくれた。

 前作の原稿でも触れたが、双方の両親にもオープンに紹介し、親密になる。家族を第一に考える家族主義が強いインドネシア文化ならではとも言える。今作品でもミレアがディラン以上に想っているのではないかと感じてしまうほど、ディランの母親に対して強い親愛の情を持ち続けているシーンもある。

 話はずれるが、バレンタインデーは近年インドネシアでも認知度が高まり、中高生、学生を中心とした若者の間で広まりつつある。一方で、イスラム色を強める風潮の中、イスラム有識者協議会(MUI)は2017年に「イスラム教徒がバレンタインデーを祝うのはハラム(禁忌)である」との見解も出している。

 さらには過去にバレンタインを機に未成年の飲酒や不純交友が発覚したこともあり、多くの地方自治体が学校などを通じてバレンタインデーに伴う行動を禁止している。その一方で、バレンタインデーとはどのような意味を持つものかを教育の場で明らかにして学ぶことこそ、異教徒間の理解を深める良い機会ではないかとの意見も出るなど、毎年是非をめぐって議論が起きている。

 こうした傍ら、ジャカルタのモールではバレンタインセールが、スーパーでもバレンタインの文字はなくとも大きなハート型の風船を飾ってチョコレートなどの安売りが行われている。建前と本音がしたたかに使い分けられている。

 今作の「ミレア」がこの時期(2月13日木曜、インドネシアでは毎週木曜日が公開開始日)に公開されたのも、恋愛物語に引っ掛けてバレンタインデーに合わせたようにも見える。

 とはいえ当然のことながら「ミレア」を観ても、当局に咎められることはないので、機会があれば是非鑑賞していただきたい。映画「人間の大地」(2019年公開)でも好演した若手俳優イクバル・ラマダン演じる、ディランの魅力は健在で、大人が観ても気持ちの良い恋愛ストーリーである。特に1990年代に多感な時期を過ごした人にとっては、「お国柄の違い」を超えて共感できるだろう。

予告編

https://www.youtube.com/watch?v=999LC1VAeew

インドネシア映画倶楽部 バックナンバー