アニス・バスウェダン・ジャカルタ特別州知事は4日、同日までの大規模社会規制(PSBB)を緩和し、5日から「大規模社会規制(PSBB)移行期間(Masa Transisi)」を開始すると発表した。感染者の多い66カ所のRW(RW=Rukan Warga、行政単位の名前)は除く。

 「フェーズ1」では、5日に礼拝所、8日に会社や工場、独立店舗の飲食店や商店、オジェック(オンライン・バイク)、15日にショッピングモールというように、段階的に再開を許可する。

 6月末に「フェーズ1」の見直しを行い、問題がなければ「フェーズ2」に移行する。フェーズ2では、学校、映画館、美容院、集会などが解禁となる予定だ。
 
 「PSBB移行期間」の概要は次の通り。

 

■原則
・健康な人は家の外で活動して良い。
・健康でない人は外出禁止。
・施設・活動は、定員の50%までとする。
・家の外では常にマスク着用。
・人と人との間は1メートルの距離を取る。
・石けんで手を洗うことを習慣化する。
・咳・くしゃみをする時のエチケットを守る。
・特定の活動については、高齢者、妊婦、子供は禁止。

 

■再開スケジュール(フェーズ1)
※感染者の多い地区(レッドゾーン)を除く
※オジェック以外は全て定員(収容人数)の50%までとする

6月5日(金)
・礼拝所
・アウトドアのスポーツ施設
・私用車
・公共交通機関
・タクシー

6月8日(月)
・会社
・工場
・倉庫
・レストラン(独立店舗)
・商店(独立店舗)
・修理・コピーなどのサービス
・ミュージアム、ギャラリー
・図書館
・オジェック

6月13日(土)
・公園
・海岸

6月15日(月)
・ショッピングモール、パサール

6月20日(土)
・インドアの娯楽施設
・アウトドアの娯楽施設
・動物園

6月末
・フェーズ1の見直し

 

■フェーズ2で再開予定
※日程未定
※フェーズ1の結果次第

・宗教集会
・学校、保育所など
・美容院、サロン
・集会所(ホールなど)
・式場(結婚式場など)
・映画館
・写真スタジオ
・ブティック
・インドア・スポーツ場(ジム、室内プールなど)
・ナイトスポット、カラオケ
・お祭り
・夜市
など

 

ガイドライン
飲食店(レストラン、食堂、コーヒーショップ)
・利用者・従業員は定員の50%まで。
・ビュッフェ禁止。
・キャッシュレスへの移行を推進のこと。
・パダン料理などのミニ・ビュッフェ形式は非ビュッフェ形式に変更のこと。

職場
・出社する社員は全体の50%、残りの50%は在宅ワークとする。
・就業時間は、2時間以上の差のある2つ以上のシフトとし、出社・退社・休憩などの密を避けること。