CAPTCHA


CAPTCHA


文・池田華子

『さらさ』2006年11月号に掲載された賀集由美子さんインタビューを『さらさ』編集部の許可を得て掲載します。

スタジオ・パチェ

「バティックはプロセスが面白い。絶対に自分の考えているようにはならない。その意外性が」

賀集由美子さん

「規格化は絶対にできない。ブレるところが面白いんです。あーあ、こんなんになっちゃった……とか。そういうのが『生きている』って感じ」

賀集由美子さん

「さらさ」2006年11月号より抜粋(さらさ編集部の許可を得て掲載)