CAPTCHA


CAPTCHA


インドネシアの入国制限は大幅に緩和され、入国前のPCR検査は撤廃、到着ビザ(VOA)も復活。日本から観光で行くことも可能になりました。
今、インドネシアへ行くにはどうすればいいのか?
出発の準備から日本へ帰国するまで、「絶対に知っておきたい」重要事項をまとめました。
(2022年9月6日更新)

インドネシアらしいモチーフがペイントされたエアアジアの機体(バリ空港)
インドネシアらしいモチーフがペイントされたエアアジアの機体(バリ空港)

インドネシアへ出発! 事前の準備

 インドネシアへの入国に必要なものは次の通りです。

  1. ワクチン接種2回
  2. PeduliLindungi(プドゥリ・リンドゥギ)
  3. パスポート(有効期限までの残存期間が6カ月以上あること)
  4. 航空券(観光ビザの場合は、帰りのチケットも)

 以前はこれに加えて海外医療保険加入書の提示が必要でしたが、2022年6月8日から不要となりました。1〜2を一つずつ、見ていきましょう。

1. ワクチン接種は最低2回、できれば3回

 インドネシアに入国するには、「インドネシアへ出発する14日以上前に、ワクチン接種2回が完了している」ことを示す、ワクチン接種証明書が必要です。接種2回で入国はできますが、インドネシアでは「ワクチン接種3回」がスタンダードになってきています。特にジャカルタで、モールやオフィスビルに入るには接種3回を求められることが多く、接種3回が済んでいないと日常生活に支障が出るような状況です。また、接種3回をしていないと、基本的に、州・県・市をまたぐ国内移動はできません。できれば3回の接種を済ませてから入国することをお勧めします。

 地方自治体の発行する「ワクチン接種証明書」(紙、英文)を取得します。インドネシアでチェックされる時は、原本かどうかは重要視されません。念のため、コピーも取っておきましょう。

 もし可能であれば、ワクチン接種証明をPeduliLindungiに反映させておくと、いろいろ楽です(やり方は、下の2をご覧ください)。

 ワクチン未接種の人がインドネシアに入国するには、「健康上の理由でワクチン未接種である」とする国立病院発行の診断書が必要です。18歳未満の人、コロナ罹患歴があって国立病院または厚生労働省発行の回復証明書を所持する人、閣僚級以上の訪問に同行する外交・公用ビザ保持者は、ワクチン接種証明書の提示は免除されます。

2. 「PeduliLindungi」って何?

 「PeduliLindungi」(プドゥリ・リンドゥギ)とは、コロナウイルス感染対策のために開発されたインドネシアのアプリです。これをスマホにダウンロードしておくことが必須です。

▷iPhone
App Storeよりダウンロード
iOS 12.0以上が必要

▷アンドロイド携帯
Google Playよりダウンロード
Android 5.0以上が必要

PeduliLindungiのアイコン

 入国に当たっての必須条件ではありませんが、ワクチン接種証明を「PeduliLindungi」に反映させるやり方は、大まかに言うと、下記のような流れとなります。

  1. PeduliLindungiを開き、左上のアイコン「Vaccine and Immunization」をタップし、一番上の「COVID-19 Vaccine」をタップする。
  2. Vaccine Non-Indonesia」(一番下)をタップする。
  3. 説明文の最後に出て来る「Vaccination Status Checking」をタップする。
  4. 氏名、生年月日、Eメールアドレス、パスポート番号、電話番号などを入力した上で、接種証明書の写真をアップする。
  5. 認証されると「Approved」として表示される(認証までに5〜6営業日)。※認証されない場合は、インドネシア保健省ヘルプデスクへ問い合わせ。コールセンター:021-119(ext 9)、メール:sertifikat@pedulilindungi.id、チャットボット・ヘルプセンター(WhatsApp):0811-1050-0567。なお、「認証されない」トラブルは多い。認証されない場合は、紙の証明書(コピーでも可)を携行すればOK。
  6. ワクチン接種証明を見るには、「COVID-19 Vaccine」→「Vaccine Certificate」→自分の名前、を順にクリックすると、QRコード付きのワクチン接種証明が「1回目」「2回目」(「3回目」)と上から順番に表示される。
  7. ショッピングモール、オフィスビル、店などに入る時や、MRTなどの公共交通機関を利用する際に、「チェックイン」を求められことがある。その場合、PeduliLindungiを開き、画面トップにある「Check-In」をクリックし、その場に掲示されているQRコードをスキャンする。問題ないと、「チェックイン成功」として、緑色が表示される。

PeduliLindungiを使って公共エリアなどへチェックインする時は「Check-in」から

PeduliLindungi

ワクチン接種証明を出すには、「Vaccine Certificate」をタップ。接収証明の登録は「Vaccine Non-Indonesia」から

海外医療保険は不要に

 外国人は海外医療保険加入証明書(インドネシア滞在中にコロナに罹患した場合、治療費や緊急移送の経費が補償される内容の物。カバーされる金額の目安は1万〜2万5000ドル)の提示が必要とされていましたが、2022年6月8日から不要となりました。

 これで、出発の準備は終わりです。念のため、パスポート(有効期限までの残存期間が6カ月以上あること)を確認しておきましょう。

日本を出発

 航空会社のカウンターで、インドネシア入国の条件を満たしているかどうかの確認があります。その他の手続きはこれまでと同じです。

バリ空港。今年はG20首脳会議がバリで開催予定だ
バリ空港。今年10月、G20首脳会議がバリで開催される

インドネシアに入国

 外国からの入国が可能な空港は次の通りです。

  • スカルノ・ハッタ空港(ジャカルタ)
  • ングラライ空港(バリ)
  • サム・ラトゥランギ空港(北スラウェシ州マナド)
  • ハン・ナディム空港(バタム島)
  • ラジャ・ハジ・フィサビリラー空港(ビンタン島)
  • ジュアンダ空港(スラバヤ)
  • ザイヌディン・アブドゥル・マジッド空港(ロンボク島)
  • クアラナム空港(北スマトラ州メダン)
  • ハサヌディン空港(南スラウェシ州マカッサル)
  • ジョグジャカルタ空港

 観光ビザに当たる「到着ビザ」(VOA=Visa on Arrival)の発給が可能な空港は次の通りです。

  • スカルノハッタ空港(ジャカルタ)
  • ングラライ空港(バリ)
  • クアラナム空港(北スマトラ州メダン)
  • ジュアンダ空港(スラバヤ)
  • ハサヌディン空港(南スラウェシ州マカッサル)
  • サム・ラトゥランギ空港(北スラウェシ州マナド)
  • ジョグジャカルタ空港

 到着ビザが必要な人は、インドネシア到着後に空港のVOAカウンターでビザを発給してもらいます。料金は50万ルピアまたは35ドルです(円での支払いも可)。滞在期間は最長30日です。

 空港での入国審査や税関審査など、その他の手続きは、これまでと同じです。熱などの症状がある人以外は、空港でのPCR検査もありません。

 なお、アルコールの無税での持ち込みは、法律改正により1人2.25リットルまでとなりましたが、税関では1人1リットルまでしか認めていません。1リットルを超える場合、廃棄を要求されることもありますので、ご注意ください。

▷パスポートとビザ(ガルーダ航空ホームページより)
https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/guide/basic/passport#VOA

▷ガルーダ航空運航スケジュール
https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/news-and-events/202206_02
※バリ直行便、関空便は2022年9月30日まで運休

▷ANA運航スケジュール
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/destination/international/india-es_asia-oceania/cgk.html

▷JAL予約
https://www.jal.co.jp/flights/ja/東京発ジャカルタ行き航空券

インドネシア国内での移動や規制は?

 ワクチン接種3回が済んでいる場合、移動に関する規制はほとんどありません。国内線の飛行機に乗る場合も、PCR検査や抗原検査の必要はなくなりました。また、PeduliLindungiでのチェックもほとんどされていないのが実状です。

 ただし、2022年8月25日から、州・県・市の境を越える国内移動(空路、海路、車両、鉄道)には、18歳以上は3回、6〜17歳は2回のワクチン接種が必須となりました。6歳未満の場合、ワクチン接種は不要ですが、付き添いが必要です。健康上の理由でワクチン接種ができない場合、その旨の国立病院の医師からの診断書が必要です。

 マスク着用は徐々に緩和されてきており、「屋外かつ密でない」場合はマスク着用しなくてよい、と定められました。ただし、屋内では、引き続きマスク着用が必要です。

バリのビーチ
バリのビーチ

 では次に、インドネシアでの滞在が終わって、日本へ帰国する時の手続きです。

1 2