夏休み、インドラマユ・バティック・ツアー! チャップで風呂敷を作ろう

夏休み、インドラマユ・バティック・ツアー! チャップで風呂敷を作ろう

大人気の「インドラマユ・チャップ体験ツアー」を2024年8月14日(水)に開催します。ジャカルタからインドラマユまで列車で行く日帰りツアーです。工房にあるバティックのチャップ(型)は100種類以上。お好きなチャップを選んで押し、オリジナルの風呂敷を作ります。現地でバティックのお買い物もできます。夏休み中の日帰りアクティビティーとしていかがでしょうか?

インドラマユの「マンゴーの塔」。特産のマンゴー、漁業、バティックを表す
インドラマユの「マンゴーの塔」。特産のマンゴー、漁業、バティックを表す

 ジャワ北岸地域のインドラマユは、有名なバティック産地です。海の生き物などを描いた、大胆で力強い、独特のバティックがあります。

 ツアーでは、エディさんの工房「バティック・ビンタン・アルット」で、チャップ体験をします。風呂敷サイズ(約1メートル x 1メートル)の白い布に、自分の好きなチャップを選んで押し、オリジナルの作品を作ります。染色、蝋落としをして、出来上がった作品を持ち帰れます。

 エディさんからチャップ・バティックについての話を聞き、バティック職人アアットさんの手描きデモンストレーションを見るほか、インドラマユ独特のバティック技法である「チョンプロガン」の実演もあります。

 エディさんとアアットさんの二人は、チレボンでバティック工房を主宰していた賀集由美子さんと非常に親しくしており、一緒に「猫とコーヒー」などのチャップ・バティック、「インドネシア地図」柄の手描きバティックといったコラボ作品を制作していました。

 現地では、バティックのお買い物もできます。インドラマユでは比較的お手頃な値段で良質なバティックを買えますので、「バティックを買うのは初めて」「バティックのことは何もわからない」という方にもお薦めです。質の高い、安心して買える品をご案内します。

列車の車窓。田んぼが続き、稲刈りや田植えなどの農作業をしている人たちが見える
列車の車窓の風景。田んぼが続き、稲刈りや田植えなどの農作業をしている人たちが見える
稲穂のチャップ。上にトンボが飛んでいるのが面白い
エディさんの工房にある、稲穂のチャップ。上にトンボが飛んでいるのが面白い

第12回 インドラマユ・バティック・ツアー

【日程】
2024年8月14日(水)

【ツアー概要】

7:10 パサールスネン駅を列車で出発

7:54 チカラン駅を列車で出発 ※チカランからのご乗車も可能です

9:34 インドラマユ・ジャティバラン駅着

10:10 エディさんの工房へ。工房の見学。使いたいチャップを選ぶ

11:30 昼食

12:30 バティック職人アアットさんの手描き実演

13:00 チャップ・バティック制作体験。バティックの買い物

16:58 ジャティバラン駅を列車で出発

18:34 チカラン駅着 ※チカランでの下車も可能です

19:15  パサールスネン駅着、解散
※一部、変更の可能性があります

チャップを押した布に名前を入れてもらっているところ
稲穂のチャップを押した布に名前を入れてもらっているところ
ツアー参加者の作品。2種類のチャップを使い、田んぼと稲穂を表現。色合いから「稔りの秋」のよう
ツアー参加者の作品。2種類のチャップを使い、田んぼと稲穂を表現した。色合いから「稔りの秋」のよう

【料金】
RP 2,300,000+1.1%

【含まれるもの】
・ジャカルターインドラマユ往復の列車(エクセクティフ車両)
・インドラマユ市内のレンタカー(ハイエース)
・軽食、昼食
・チャップ・バティック制作体験
・インドラマユ・バティックについての話と実演
・お土産
・しおり
・日本語通訳
※一部、変更することがあります

【定員】
10人
※先着順。定員に達し次第、締め切ります
※お子様のご参加は小学生以上(安全には保護者の方が十分にご注意ください)
※定員に達しない場合、開催しないことがあります

【お申し込みフォーム】
https://forms.gle/rT9NsENTE9uiejWq5

【お問い合わせ】
メール:info@plus62.co.id

世界に一枚だけのバティック完成! チャップ・ツアー参加体験記
2023年12月、+62インドラマユ・バティック・ツアーに参加した安藤彩子さんが「あまりにも素晴らしい体験だったため、備忘録として旅行記を記しましたので、感想文…
plus62.co.id