5000系とほぼ同じ仕様

東葉高速鉄道は東京地下鉄・東西線に乗り入れており、開業時に東京地下鉄(当時は営団地下鉄)から譲渡された車両が1000系だった。東京地下鉄5000系とほぼ同じ仕様。このうち10両編成3本がODAで譲渡された。東葉高速鉄道時代の赤色とオレンジ色の派手な帯は現地でも受け入れられたようで、日本からの中古車両では唯一、現役当時のカラーリングのまま運行していた。現在はインドネシア国鉄カラーに変更。

在籍数:8両編成3本、保留中間車6両、合計30両(2014年6月現在)

P5080023

雨の中野駅で出発を待つ(日本)。ジャカルタに行っても、しばらくこのままの塗装で使用されていた

ジャカルタ 日本の電車はくぶつかん