10月7日に発売開始したインドネシアのケンタッキーフライドチキン(KFC)の新メニュー、「ホット&チージー・チキン(Hot and Cheesy Chicken)」。どろっとしたチーズソースをフライドチキンにまぶした、チーズ好きのインドネシア人が好きそうなメニュー。

 電話でデリバリーを頼んだところ、「冷めるとおいしくないので、店で食べてください」と断られた。店へ行って「デリバリーはできないんですよね?」と店員に聞くと「できますよー」とのこと。出来上がったフライドチキンをチーズソースに浸して、出される。

 クリスピーさが肝のフライドチキンに「どろっとチーズ」は合わないのでは?という印象。チーズは、チートスやチーズボールといったスナック菓子の味に似ている。もう少し「甘み」と「とろっ」が欲しいところ。コンボも、ご飯よりフライドポテトの方が合うだろう。意外に辛い所が、インドネシア人には「サンバルをつけなくて良い」「辛すぎる」と評価が分かれている。

dscf3771_crop
 ホット&チージー・チキン1個、ごはん、フロートのセット3万3500ルピア(税込み)。