11月にジャカルタで開催された「日本映画祭」オープニングのため来イした野村周平さんにインタビューしました。
野村さんは映画祭のオープニング作品に選ばれた「ちはやふる」に真島太一役で出演。
かるた(百人一首)のこと、インドネシアの印象など、率直に語ってくれました。