kyoai_20171009_A

Life

<特集>ミレニアルの肖像
Sean Gelael (19)
レーサー

 クルマ好きでモータースポーツにのめり込んでいた父が運転するラリーカーの助手席に初めて座ったのが4歳の時でした。僕がレーサーになったことを、父はとても喜んでくれています。  クルマは僕にとって、家のようなものです。そこは、自分が最も自由に、自分らしくなれる場所。どんなに激しいレースをしている時だって、いつも、わが...

<特集>ミレニアルの肖像
Putri Sulistyowati (25)
モデル

 身長が178センチもあったので、外見に劣等感を持っていました。おまけに女子校にいて理系クラスで勉強ばかりしていて、コミュニケーションが不得意だったから、かなり内気に見えていたかもしれません。そんな私を心配した母に勧められ、高校を卒業してからモデル・スクールの短期コースに通ったんです。その時はモデルになるつもりはなくて...

<特集>ミレニアルの肖像
Amot Syamsuri Muda (29)
ファッション・デザイナー

 ファッション・デザイナーを志したのは中学生のころ。MTVを見て衝撃を受けた。それ以前のMTVは、ロックはロックらしく、ヒップホップはヒップホップらしく、といった具合で、そこで見られるファッションも、その時代時代の大きな流れに従っていただけだった。ところが、このころから、ファッションは、自由で心躍らせるメッセージを語り...

<特集>ミレニアルの肖像 イントロダクション

2000年以降に成人(20歳)となる、すなわち、現在36歳以下の人口を「ミレニアル世代(Millenials)」と呼ぶ。デジタル・ネイティブであり、国境にとらわれず、自分たちの審美眼と新しい価値観を持つ新世代。若年人口の国であるインドネシアは「ミレニアルの国」だ。ミレニアルは購買力を持つ「消費者」としての文脈で語られる...