窪田正孝

【編集長日記】シンガポール、「初恋」の一夜

 私が窪田正孝という俳優を好きなことは、以前に「編集長日記」の「窪田君、『ス・ゴ・イ』」に書いた通りです。要約すると、「無から有をつくり出す『演技』というクリエーション」に引かれた、ということ。当初は同一人物だと気付かずにスルーしていたほどの別人となり、そこに存在することによって虚構の作品を実在の世界へと変える、窪田君... Read More...
ghoul_IMG_1945

【編集長日記】ジャカルタで東京喰種を見る

注:原作、映画のネタバレあります    「目」から始まる。いわゆる「普通」の無気力な大学生、カネキの暗い目。事件の後、左目が喰種(グール)の目に変わる。左目を隠した眼帯を着けたカネキ。逆に右目を隠すマスク。最後は、眼帯もマスクも外して両目を見せた、カネキの顔の大写しで終わる。  どう世界を見るか、という... Read More...
ghoul_FullSizeRender_1

映画「東京喰種」鑑賞日記@ジャカルタ

CGV映画館(グランド・インドネシア) インドネシアで、映画「東京喰種」は、ジャカルタをはじめとする主要都市のCGVシネマズ系列の22館で公開された。9月13日に一斉に封切りし、最長で2週間の上映だった。上映都市は下記の通り。  ジャワ島(ジャカルタ首都圏、バンドン、ジョグジャカルタ、チレボン、バニュマス... Read More...
hanako_title_07

編集長日記 
写真と言葉

 『Cut』2017年3月号の「誰も観てない映画50本」特集で、7月29日公開予定の「東京喰種 トーキョーグール」と窪田君が取り上げられた。窪田君は主人公の金木研(カネキ)を演じる。 構成は、写真4点(4ページ)、インタビュー2ページ。この4枚の写真に目が吸い寄せられたまま、目を離せなくなってしまった。... Read More...
hanako_title_06

編集長日記 
アオフウチョウという鳥

 アートディレクターのQと「窪田君は鳥みたいだよね」という話になった。「小動物っぽい」と言われるらしいが、それよりも「鳥」というイメージではないか? 「何の鳥だろう?」。私が想像したのは、その「シュッ」とした姿から、サギのような細い鳥。 私よりも鳥に詳しく、「鳥変換」の得意な、「インコ侍」を本誌で連載中... Read More...
hanako_title_web05

編集長日記
続・窪田君「ス・ゴ・イ」

 前回の「編集長日記」で、「ただひたすら演技を鑑賞して、『す・ご・い』『す・ご・い』と、シャーペンをカチカチやるように心の中で言い続けているだけ」と書いたが、その窪田君「す・ご・い」のシーンを、一部、切り取ってみようと思う。個人的に「特に好きなシーン」と言ってもいい。(注:未見の方へ。ネタバレあります)&nbs... Read More...
hanako_title_04

編集長日記 
窪田君「ス・ゴ・イ」

 ある日、アートディレクターのQに「今、窪田正孝っていう俳優にどはまりしてて」と言ったら、「誰ですか、それ?」。  これまで映画やドラマの「作品」が好きで、そこに出て来る俳優に役柄の人物としてはまることはあったものの(「ケイゾク」の真山が好き、とか)、特定の俳優にここまでどはまりしたのは初めてだ。  昨年末の休みに... Read More...