Latest articles

西宮奈央さんのMasak Kira-Kira 
#18 ベトナム風蒸し鶏とスープ(フォー・ガー)

 訪れるたびにその土地の料理にうっとりし、食べ尽くせないことを悔やみながら戻って来る国があります。ベトナムはその筆頭です。インドネシア料理も大好きですが、また異なるスパイス、そして多彩なハーブ使いなど、その味わいのバリエーションには感心してしまいます。  現地の味をどうにか...

インドネシア全34州の旅 #17 
リアウ州 
仏教遺跡と王宮

文・写真…鍋山俊雄   スマトラ島の北側の、マレーシアに挟まれた海域は、マラッカ海峡という海上交通の要所であり、昔から交易が栄えていた。古くは7世紀ごろから、同海峡の交易ルートを広く支配したスリウィジャヤ王国、そして15世紀にはマラッカ王国が繁栄している。スリウィジャヤ王国の支...

【インドネシア丸かじり】トウガラシのジャムを作ってみた

 「トウガラシのジャム」を作ってみた。レシピは、『+62』で連載中の「西宮奈央さんのMasak Kira-Kira」から。  チレボンでバティック工房を主宰している賀集由美子さんが「気に入って何回も作った」と言う。パンに塗って職人さんのおやつにしたら好評で、「これは何? チ...

「春咲」

ツトム・ミズタ 2018年、28×58センチ リトグラフ、扇子用和紙 30,000円(シートのみ、送料別) お申し込みはメール:sales@nankyokusei.com...

インドネシア全34州の旅 #16 
西パプア州 
ラジャアンパットを一人で弾丸旅行する方法

文・写真…鍋山俊雄  「パプア5回シリーズ」の最後は、西パプア州のラジャアンパット。近年、ダイバーだけでなく旅行スポットとしても脚光を浴び、海外からの観光客をも呼び込みつつある。アクセスが不便なため、弾丸旅行で行くとしても、最低4日は必要だ。また、団体ツアーを探すとボート・クル...
Kyoai Medical Service

Food

西宮奈央さんのMasak Kira-Kira 
#18 ベトナム風蒸し鶏とスープ(フォー・ガー)

 訪れるたびにその土地の料理にうっとりし、食べ尽くせないことを悔やみながら戻って来る国があります。ベトナムはその筆頭です。インドネシア料理も大好きですが、また異なるスパイス、そして多彩なハーブ使いなど、その味わいのバリエーションには感心してしまいます。  現地の味をどうにか...

【インドネシア丸かじり】トウガラシのジャムを作ってみた

 「トウガラシのジャム」を作ってみた。レシピは、『+62』で連載中の「西宮奈央さんのMasak Kira-Kira」から。  チレボンでバティック工房を主宰している賀集由美子さんが「気に入って何回も作った」と言う。パンに塗って職人さんのおやつにしたら好評で、「これは何? チ...
nao_kol01

西宮奈央さんのMASAK KIRA-KIRA #17 
カリフラワーのスパイシー・フリッター

 カリフラワーが大好きです。ほろっと軟らかも、パキッと歯ごたえも、調理次第で自在。どんな味付けにもなじむクセのなさ。とても使いやすい野菜です。ゆでたり、焼いたり、ポタージュにしたり、いろいろな食べ方を楽しめます。  スパイスを使ってエキゾチックな風味に仕上げた、お気に入りの...
nao_cabei2

西宮奈央さんのMASAK KIRA-KIRA #16 
トウガラシのジャム

 真っ赤でつややかな、こちらのジャム。甘やかな見た目に反して、ピリッと来ます。フレッシュなトウガラシがふんだんに使えるインドネシアならではのジャムを作ってみましょう。  使用するトウガラシは、辛さがマイルドで、大きくて肉厚なチャベ・ブサール(cabai besar)。赤く熟...

西宮奈央さんのMASAK KIRA-KIRA #15 
イカン・カンジョリ

 中部スラウェシ・バンガイ諸島への旅で出会ったおやつです。  島から島へと渡る船の中で、行商の女性が「カンジョリ、カンジョリ」と声を上げていました。カンジョリが何だかわからないままに呼び止めたところ、ビニール袋に入った、まゆ玉のような団子を示されました。早速、1袋を買い求め...

瓶入りチーズケーキ、出た!  
DOREの新製品

 一見プリン、実はチーズケーキ。北海道のチーズケーキ「LeTAO」とコラボした「DORE by LeTAO」の新製品だ。名前は「フロマージュ・ポット(Fromage Pot)」。  ガラスの瓶入りの、1人分の食べ切りサイズ。手軽にテイクアウトできるし、カットする手間もなくて食べ...

Travel

インドネシア全34州の旅 #17 
リアウ州 
仏教遺跡と王宮

文・写真…鍋山俊雄   スマトラ島の北側の、マレーシアに挟まれた海域は、マラッカ海峡という海上交通の要所であり、昔から交易が栄えていた。古くは7世紀ごろから、同海峡の交易ルートを広く支配したスリウィジャヤ王国、そして15世紀にはマラッカ王国が繁栄している。スリウィジャヤ王国の支...

インドネシア全34州の旅 #16 
西パプア州 
ラジャアンパットを一人で弾丸旅行する方法

文・写真…鍋山俊雄  「パプア5回シリーズ」の最後は、西パプア州のラジャアンパット。近年、ダイバーだけでなく旅行スポットとしても脚光を浴び、海外からの観光客をも呼び込みつつある。アクセスが不便なため、弾丸旅行で行くとしても、最低4日は必要だ。また、団体ツアーを探すとボート・クル...
papua_ireihi02

インドネシア全34州の旅 #15 
パプア州 ④戦争編(ビアク) 
息をのむ美しさの海、戦争の名残り

文・写真…鍋山俊雄  パプア州についてのここまで3回は、同じインドネシアに属しながら、一際ユニークな民族や慣習の一端について、旅で見聞きしたことをまとめてみた(①国境編、②山編、③海編)。第4回は「戦争とパプア」という視点で書いてみたい。  インドネシア中を旅する中で...

インドネシア全34州の旅 #14 
パプア州 ③海編(ティミカ・パンタイ) 
船で新しい土地へ

文・写真…鍋山俊雄  山のパプア民族、海のパプア民族、とは、今回の旅でお世話になった、アートギャラリーをティミカで営むオーナー夫人から聞いた言葉だ。山に住むパプア民族は交通手段が未発達な中、重い荷物を背負って山中を歩いて生活しており、背はあまり高くなく、下半身ががっしりしている...
nabeyama_papua_jalan

インドネシア全34州の旅 #13 
パプア州 ②山編(ワメナ) 
伝統の残り香のあるうちに

 パプアの旅行記を見ると必ず出て来る「コテカ」(ペニスケース)を着けた写真。今でも観光用ではなくて日常的に身に着けた人はいるのか? どんな家に住んでいるのか? 同じインドネシアでありながら、いろいろ興味が尽きないパプア。中でもワメナは「探検」ではなく「観光」として行けるカテゴリー...
nabeyama_papua_PNGとの国境近くのケ?ート

インドネシア全34州の旅 #12 
パプア州 ①国境編(ジャヤプラ、メラウケ) 
国境の看板の向こうは熱帯雨林

文・写真…鍋山俊雄 赤=今回の旅行先。ピンク=すでに掲載済みの州  これから5回に分けて、魅惑の地パプアについて書いていく。  バリやジョグジャカルタといった定番の観光地から一歩を踏み出して、インドネシア各地に足を延ばしていく中で、気になってくるのがパプア州である...

Life

「春咲」

ツトム・ミズタ 2018年、28×58センチ リトグラフ、扇子用和紙 30,000円(シートのみ、送料別) お申し込みはメール:sales@nankyokusei.com...
mizuta_title

「JAZZY〜Ⅲa」

ツトム・ミズタ2018年、17 × 15センチリトグラフ、新鳥の子紙 15,000円(シートのみ、送料別) お申し込みはメール:sales@nankyokusei.com...
mizuta_title

「JAZZY〜b」

ツトム・ミズタ2018年, 17×15センチリトグラフ、新鳥の子紙 15,000円(シートのみ、送料別) お申し込みはメール:sales@nankyokusei.com...