Latest articles

10_nao_P4105207

西宮奈央さんのMASAK KIRA-KIRA
#10 ナツメヤシのトリュフ

 スーパーマーケットで断食月の時期になると一斉に前面に並べられる物、それが乾燥ナツメヤシ(デーツ、インドネシア語はクルマ)です。季節物のこのデーツに、ナッツとココアを足して作る、簡単トリュフをご紹介します。  さまざまなミネラルと食物繊維が豊富で「スーパーフード」ともいわれ...
nabbe09_Tanjung Tinggi02

インドネシア全34州の旅 #9 
バンカ・ブリトゥン州 
アホック前知事の故郷、「ラスカル・プランギ」の島。

文・写真…鍋山俊雄  最近、報道を賑わしているバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)・ジャカルタ特別州前知事の出身地として知られるのが、ブリトゥン島。元々はパレンバンのある南スマトラ州の一部だったが、2000年に分離し、バンカ・ブリトゥン州として独立した。バンカ島とブリ...
jwc_featuredimage

歩くヨロコビ。 
「歩く会」が14周年。

文…池田華子、動画…プトリ・スシロ、江原早紀 Text by Ikeda Hanako, movie by Putri Soesilo & Ehara Saki  「歩く会」。そのシンプルなネーミングの通り、ジャカルタ郊外を「歩く」会。2003年に吉田稔さん、梶原...
katakata_web_title57

かたかたインドネシア #57

 日本はこれから梅雨の季節ですが、インドネシアではめっきり雨も少なくなり、過ごしやすい気候になってきました。ゴルフ好きの人は、いよいよシーズン到来ですね。断食月でもあり、いろいろ気を使いますが、その後には楽しいレバラン休暇が待っていますので、頑張っていきましょう。  先月の...
taichan_S626511

はやってます! 
日本風の焼き鳥?! 
サテたいちゃん、増殖中。

 「値段の安さ」に加え、「流行に飛び付く」ジャカルタっ子の心をつかみ、昨年半ばごろからスナヤン競技場周辺に大増殖した屋台(カキリマ)、「サテたいちゃん」。深夜近くにアジア・アフリカ通りを車で走ると、道の両側に屋台が隙間なく並んで、サテを焼く白い煙がもうもうと高く上がっている。「S...
Kyoai Medical Service

Food

10_nao_P4105207

西宮奈央さんのMASAK KIRA-KIRA
#10 ナツメヤシのトリュフ

 スーパーマーケットで断食月の時期になると一斉に前面に並べられる物、それが乾燥ナツメヤシ(デーツ、インドネシア語はクルマ)です。季節物のこのデーツに、ナッツとココアを足して作る、簡単トリュフをご紹介します。  さまざまなミネラルと食物繊維が豊富で「スーパーフード」ともいわれ...
taichan_S626511

はやってます! 
日本風の焼き鳥?! 
サテたいちゃん、増殖中。

 「値段の安さ」に加え、「流行に飛び付く」ジャカルタっ子の心をつかみ、昨年半ばごろからスナヤン競技場周辺に大増殖した屋台(カキリマ)、「サテたいちゃん」。深夜近くにアジア・アフリカ通りを車で走ると、道の両側に屋台が隙間なく並んで、サテを焼く白い煙がもうもうと高く上がっている。「S...
article placeholder

サテたいちゃんの店

「サテたいちゃん」の店2軒を取材した。1軒はスナヤン競技場の「元祖サテたいちゃん」屋台、もう1軒はボゴールの大学生が始めた店。 ①「元祖」スナヤン競技場のカキリマ Panahan Sate Taichan  ブンカルノ競技場の裏門、弓矢をつがえるラーマ像の真ん前...
me_n_DSCF1285

【特集】中東料理を食べに行こう! 
伝統と現代の融合 
アル・ナフォーラ

 インテリアはレバノンの伝統的な家を模している。石の壁、テラコッタの床、色鮮やかなランプ……オープンキッチンの竈には赤々と火が燃え、ピタパンが焼かれている。扉をくぐると、ジャカルタにいることを忘れるだろう。  1994年創業のレバノン料理店。さすがフランス系の五つ星ホテル内...
me_s_DSCF1926

【特集】中東料理を食べに行こう! 
シーシャと夜のエンターテインメント 
シーシャ・カフェ

 ジャカルタにオープンして12年になるレバノン料理店「シーシャ・カフェ」は、店名の通り、シーシャのフレイバーが70種類余りと豊富。アップル、オレンジといった果物のほか、カフェラテやコーラ、ミックスフレイバーも。他店にはない炭火付きの、ぼーっと光る美しい容器で供される。炭火を替えな...
me_c_DSCF2899

【特集】中東料理を食べに行こう! 
サウジアラビア領事が開いた店 
ドゥ・コンシュレイト

 「ラウンジ」「領事館で」という名前からして、アメリカン・クラブのような社交クラブかと想像していたが、実は中東料理レストラン! 実際に、ジャカルタに駐在していたサウジアラビア領事が2010年に開いたのだという。その領事はもう帰国し、現在はサウジアラビア・メディナ出身のアリ・アルザ...

Travel

nabbe09_Tanjung Tinggi02

インドネシア全34州の旅 #9 
バンカ・ブリトゥン州 
アホック前知事の故郷、「ラスカル・プランギ」の島。

文・写真…鍋山俊雄  最近、報道を賑わしているバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)・ジャカルタ特別州前知事の出身地として知られるのが、ブリトゥン島。元々はパレンバンのある南スマトラ州の一部だったが、2000年に分離し、バンカ・ブリトゥン州として独立した。バンカ島とブリ...
nias_GOPR8749

【特集】ふしぎの島ニアス 3 海のお風呂 
トゥレロト Tureloto

 朝、まだ暗いうちに、戸を「Permisi, permisi(すみません)」とうるさくたたく音で、たたき起こされた。Pが出ると、「団体なので、宿泊代50万ルピア」と言われる。計算より3万ルピア多いがまぁいいか、と払うと、次にまたうるさくたたく音がして、「エクストラベッド代が入って...
nias_DSCF6330

【特集】ふしぎの島ニアス 2 石を跳ぶ 
バウマタルオ Bawomataluo 
オラヒリファウ Olahili Fau

 ニアスで恐らく最も有名なのが「石跳び」(lompat batu)。石を積んだ高さ2メートル超の台を、跳躍して飛び越える。走り高跳びのようなものだが、棒などの支えも、手も使わないし、身1つで跳ぶ。元々は「戦いのための訓練」だったそうだ。攻めて行った村の塀を跳び越えて村の中に入るた...
nias_DSCF7032

【特集】ふしぎの島ニアス 1 闇をのぞく 
グヌンシトリ Gunungsitoli

 メダン空港の搭乗口からバスに乗り込んだ人数はそれほど多くなく、バスが停まった所に待っていたのは、久しぶりのプロペラ機だった。プロペラ機は揺れるかと思ったが、揺れたのは飛び立った最初だけで、あとは順調だ。山と雲がたっぷりと連なるスマトラ島の広大な陸地を抜けるまで、結構な時間がかか...

Life

jwc_featuredimage

歩くヨロコビ。 
「歩く会」が14周年。

文…池田華子、動画…プトリ・スシロ、江原早紀 Text by Ikeda Hanako, movie by Putri Soesilo & Ehara Saki  「歩く会」。そのシンプルなネーミングの通り、ジャカルタ郊外を「歩く」会。2003年に吉田稔さん、梶原...
katakata_web_title57

かたかたインドネシア #57

 日本はこれから梅雨の季節ですが、インドネシアではめっきり雨も少なくなり、過ごしやすい気候になってきました。ゴルフ好きの人は、いよいよシーズン到来ですね。断食月でもあり、いろいろ気を使いますが、その後には楽しいレバラン休暇が待っていますので、頑張っていきましょう。  先月の...
istiqlal_06_DSCF0858

【特集】イスティクラル・モスクへ行ってみよう!

インドネシア国内最大、東南アジアでも最大のモスク、イスティクラル・モスク。 トルコのブルーモスクのような装飾はないし、世界的な観光地というわけでもない。 しかし、訪ねてみると、いかにも「インドネシアらしい」モスクだった。 熱帯の気候に合わせた開放的で美しい建築に、和み要素と...
inko_09_00

インコ侍 8 インコネシア

 2017年、インコネシア・鳥ジャカルタ。  今日も道はたくさんの車で埋まり、歩道には鳥ジャカルタ名物の移動屋台が店を出し、活気にあふれていた。 「ドカーン!」  いきなり、その移動屋台の1台の引き出しが開き、オカメインコとコザクラインコ、雷鳥、カピバラが飛び出...