新型コロナウイルスの影響が長引く中、見えないウイルスから身を守るにはどうすれば良いか。日本で話題になったのは、感染の広まり方をペンキが飛び散る様子に例える、内科医の眞鍋葉子医師の考え方です。この考えを基にした動画「新型コロナウイルスから身を守る方法〜外はペンキ塗りたての世界」は広く拡散されました。

 この動画のインドネシア語版が出来ました。眞鍋医師の許可を得て、ジャカルタのカロルス病院監修の下、インドネシアの健康情報サイト「Goodlife」が制作しました。

 感染を防ぐにはどうすれば良いか。「マスク着用」「手を洗う」「ソーシャルディスタンス」は、なぜ必要なのか。この動画を見ると、よく理解できます。ぜひ、インドネシア人の会社の同僚や、知人やご友人にお知らせください。

インドネシア語版動画「外はペンキ塗りたての世界」
「外はペンキ塗りたての世界」と考えよう
インドネシア語版動画「外はペンキ塗りたての世界」
エレベーターのボタンを押すと、手にペンキがつく
インドネシア語版動画「外はペンキ塗りたての世界」
換気の悪い密室は「ペンキのスプレー」が設置されているようなもの。最も危険な場所
インドネシア語版動画「外はペンキ塗りたての世界」
ペンキは石けんやアルコールで落とせる
インドネシア語版動画「外はペンキ塗りたての世界」
帰宅したらすぐにシャワーを浴びよう


 
インドネシア語記事

Virus Corona, “Bayangkan Penyebaran Virus Seperti Cipratan Cat”

インドネシア語版動画

日本語のオリジナル動画(まだの方はどうぞ)