Travel

インドネシア全34州の旅 #20 
ランプン州 草原の象、蝶の公園

文・写真…鍋山俊雄   ジャワ島からスマトラ島への玄関口であり、スマトラ縦断高速道路の入口となるランプン州。州都はバンダルランプン。ジャワ島西端のメラックからフェリーで海峡を渡って陸路で行くこともできるが、飛行機で飛べば40分ほど。離陸して水平飛行に入ったと思ったら、すぐに着陸に向けて降下を始める近さである。ジャ...

インドネシア全34州の旅 #19 
南スマトラ州 アンペラ橋の周りの見所を巡る

文・写真…鍋山俊雄   スマトラ島の南部にある南スマトラ州の州都は、2018年アジア大会でジャカルタと並んで開催都市となった、パレンバン。 空港ではアジア大会のマスコットがお出迎え 空港にある「ジョコウィと2ショット写真」、背景はアンペラ橋に、アジア大会のスタジアムも  スマトラ島で、パレンバ...

インドネシア全34州の旅 #18  ジャンビ州 
東南アジア地域で最大級の広さを持つ寺院遺跡群

文・写真…鍋山俊雄   ジャンビ州はスマトラ島中部の少し南寄り、リアウ州の南側に位置する。大航海時代の16世紀、ポルトガルを筆頭に欧州列強が香料を求めて現れるようになるが、その少し前の15世紀初頭、スマトラ島とマレー半島に囲まれたマラッカ海峡にはマラッカ王国があり、中東、インド、明(中国)、琉球などとの交易が盛んに行...

インドネシア全34州の旅 #17 
リアウ州 
仏教遺跡と王宮

文・写真…鍋山俊雄   スマトラ島の北側の、マレーシアに挟まれた海域は、マラッカ海峡という海上交通の要所であり、昔から交易が栄えていた。古くは7世紀ごろから、同海峡の交易ルートを広く支配したスリウィジャヤ王国、そして15世紀にはマラッカ王国が繁栄している。スリウィジャヤ王国の支配地域でもあったスマトラ中南部の3州(リ...

インドネシア全34州の旅 #16 
西パプア州 
ラジャアンパットを一人で弾丸旅行する方法

文・写真…鍋山俊雄  「パプア5回シリーズ」の最後は、西パプア州のラジャアンパット。近年、ダイバーだけでなく旅行スポットとしても脚光を浴び、海外からの観光客をも呼び込みつつある。アクセスが不便なため、弾丸旅行で行くとしても、最低4日は必要だ。また、団体ツアーを探すとボート・クルーズが多く、内容は魅力的なのだが、結構な...

インドネシア全34州の旅 #15 
パプア州 ④戦争編(ビアク) 
息をのむ美しさの海、戦争の名残り

文・写真…鍋山俊雄  パプア州についてのここまで3回は、同じインドネシアに属しながら、一際ユニークな民族や慣習の一端について、旅で見聞きしたことをまとめてみた(①国境編、②山編、③海編)。第4回は「戦争とパプア」という視点で書いてみたい。  インドネシア中を旅する中で気付くことの一つに、太平洋戦争時の日本軍...