CAPTCHA


CAPTCHA


Life

ルミネのポップアップ・ストア

インドネシアの注目ブランドをセレクト ルミネの「アシュタ」ポップアップ

 いま注目のインドネシアと日本のデザイナーズ・ブランドを「ミックス&マッチ」させた、ルミネ(本社・東京都渋谷区)のポップアップ・ストアが12月13日、ジャカルタ・SCBDの「アシュタ」1階にオープンした。2023年2月28日までの期間限定。 扱っているブランド数は48、うち28がインドネシアのブランド... Read More...
Sri Asih

【インドネシア映画倶楽部】第45回「スリ・アシィ」 インドネシアコミックのオリジナルヒーローが映画で復活

「スリ・アシィ」(Sri Asih)インドネシア版「スーパーウーマン」、インドネシアコミックのヒーローが映画化でよみがえる。社会問題を背景にしたアクション映画で、「ハリウッド作品にも引けを取らない」と横山裕一さんが高く評価。文と写真・横山裕一 1950年代にヒットしたインドネシアコミッ... Read More...
VRインスタレーションはこの一室で

失われた風景と記憶 VR映画「諸行無常」

ジャカルタの街の変遷を描くVRアニメ映画「諸行無常」(Penggantian/Replacements)が南ジャカルタ・クマンのアートスペース「ディアログエ」で上映中だ。牧歌的だった1980年から、モスクとコンビニが乱立する現在に至るまで。街の変化をVRで実体験しながら、変化の中で失われたものが見る者に突き刺さる。日... Read More...
インドネシア人に話を聞く伊勢真一監督

「いまはむかし」11月にジャカルタで上映会、監督も来イ 日本軍政期のインドネシアを知る

日本統治下のジャワでプロパガンダ映画を制作していた映像編集者・伊勢長之助さんの足跡を、映画監督である息子の伊勢真一さんがたどる映画「いまはむかし〜父・ジャワ・幻のフィルム」。約30年かけて制作され、2021年に公開。ロングラン上映し、キネマ旬報文化映画ベストテン3位になった。今年11月、作品の舞台となったインドネシア... Read More...
「7番房の奇跡」

【インドネシア映画倶楽部】第44回「7番房の奇跡」 冤罪の父親と娘の親子愛

「7番房の奇跡」(Miracle in Cell No.7)筆者の横山裕一さんは、「まんまと涙を流してしまいました。展開はありがちで先が読めるのですが、うまく乗せられてしまう、という感じでしょうか。いい作品だと思います」とお薦め! 韓国映画のリメイクですが、インドネシアらしい情景が味わい深く盛り込まれています... Read More...
賀集さん原画の新作チャップ・バティック

賀集さんの新作チャップ・バティック「イルカとマンゴー」が出来た!

 2022年7月、西ジャワ州インドラマユにあるエディさんのバティック工房を訪ねた時のこと。賀集由美子さんが制作した「ペン子ちゃん」などのバティック・チャップ(判)がいくつか置いてあって、最新の「猫とバティック」チャップを押したばかりの布もあった。 賀集さんは自分の制作したチャップをエディさんの工房に預け、布に... Read More...
Mencuri Raden Saleh

【インドネシア映画倶楽部】第43回 「ラデン・サレを盗め」 名画をめぐり二転三転する痛快アクション

「ラデン・サレを盗め」(Mencuri Raden Saleh)「オーシャンズ」シリーズをほうふつとさせる「ラデン・サレを盗め」。ターゲットがインドネシアの名画、というのもワクワクさせられる。監督は「フィロソフィ・コピ」シリーズのアンガ・ディマス・サソンコ、主演は大人気のイクバル・ラマダン。映画館のポ... Read More...

【ぼくせん〜ロンボク先生日記】#12 進める?留める?進級会議㊦ 最後の1週間

<前回のおはなし>ここは北ロンボク県、観光専門高校。私は日本語教師、ぼくせん(ロンボク先生)。留年候補の生徒たちの保護者会を通じて、授業態度や成績に問題がある生徒たちはほぼ、家庭で親からあまり関心を持たれていないことがわかりました。学校は留年候補生徒に猶予を設け、1週間後に最終評価を出すことにしたのでした。補... Read More...
Pengabdi Setan 2 : Communion

【インドネシア映画倶楽部】第42回 「悪魔の奴隷 2:聖体拝領」 大ヒットホラーの第2弾

「悪魔の奴隷 2:聖体拝領」(Pengabdi Setan 2 : Communion)夏はホラー、というわけでもなく、年中ホラー映画のインドネシア。再び爆発的なヒットを飛ばし始めているのが本作。舞台はジャカルタの集合住宅。東南アジアで初のIMAX撮影を行い、時代性も映した話題作だ。文と写真・... Read More...
チタヤム・ファッション・ウイーク

【Apa Itu?】チタヤム・ファッション・ウイークって何?

ジャカルタのビル群の下、車道に引かれた一本の横断歩道。ここが最近、話題の場所となっている。その名は「チタヤム・ファッション・ウイーク」。チタヤムとは何か、なぜそのように呼ばれるようになったのか。社会現象となった「チタヤム・ファッション・ウイーク」を観察してみよう。(文と写真・知る花)BNIシティー駅。右手に立... Read More...
ガムランを演奏する中野千恵子さん(岩崎サムスルさん撮影)

ガムランは天上の音楽 中野千恵子さん追悼

インドネシアのワヤンとガムランを愛し続けた、生活文化情報誌「さらさ」編集長の中野千恵子さんが2022年7月1日、急逝した。一緒にワヤンを見に行った時のこと、「さらさ」で共に働いた思い出を書いて、追悼したい。(文・池田華子)中野千恵子さん(岩崎サムスルさん撮影) インドネシアのワヤン(影絵人形芝... Read More...
マンタップさんの演じるワヤン

オンライン・ワヤンの「ザ・ジャワ」世界

インドネシアのワヤン(影絵人形芝居)をオンラインで見てみたら、予測もつかない展開が待っていた……。コロナ禍中の2020年8月に行われた、著名ダラン(人形遣い)のマンタップ氏によるオンライン公演は、ザ・ジャワ、これぞジャワ、でした。「知る花」による「言いたい放題の実況中継」をお届けします。(文・知る花、写真・Y... Read More...
holywings

【Apa Itu?】ホーリーウイングス炎上

「ムハンマド」の名前を使った酒のプロモーションで炎上した「ホーリーウイングス」。なぜここまで騒ぎが大きくなったのだろうか?(文・知る花) 「ホーリーウイングス(Holywings)騒動」が続いている。ホーリーウイングスとは、ジャカルタをはじめ、全国主要都市に計36店を展開する「カフェ&バー&レストラン... Read More...
賀集さんのバティック

ペン子は生き続ける 賀集由美子さんの功績

チレボンのバティック作家、賀集由美子さんが逝去してから2022年6月29日で1年になります。賀集さんの残した功績とは何だったのか。いま改めて、振り返ります。(文と写真・池田華子、知る花)チレボンの自宅の机(2021年11月撮影)「いる」と「いない」の間で 賀集由美子さんがいなくなってか... Read More...
My Sassy Girl

【インドネシア映画倶楽部】第41回 「猟奇的な彼女」 韓国大ヒットコメディロマンスのリメイク版

「猟奇的な彼女」(My Sassy Girl)韓国の大ヒット映画リメイク版、再び。日本では草彅剛主演でドラマ化された「猟奇的な彼女」です。韓国の本家版とインドネシア版の違いを見比べたり、ジャカルタの身近な場所がロケ地になっているのを見るのも楽しいです。文と写真・横山裕一 自由奔放すぎる... Read More...
ポス・ブロック内のビンテージショップ

ポス・ブロックから、ジャカルタのふるきをたずねて

ジャカルタの古い街並みと言えば、ぱっと思い浮かぶのは、オランダ植民時代の「ファタヒラ広場」などがあるコタ。しかし、そこまで北へ行かなくても、中央ジャカルタにも古い建物は数多く残っている。そのうちの一つが、昨年に改装してクリエイティブ・スペースとしてオープンした「ポス・ブロック」だ。ポス・ブロック正面の美しいス... Read More...

【ぼくせん〜ロンボク先生日記】#11 進める?留める?進級会議㊥ もっと僕らを見てよ

<前回のおはなし>ここは北ロンボク県、観光専門高校。私は日本語教師、ぼくせん(ロンボク先生)。1年目の全ての授業を終え、進級を決める職員会議に出席したぼくせん。ところが四分の一の生徒が留年の危機にあるとわかり、保護者会議を開くことになったのでした。ロンボク島。「ぼくせん」が勤める観光専門学校はギリ3島... Read More...
KKN

【インドネシア映画倶楽部】第40回「踊り子の村でのKKN」 観客動員記録を塗り替えたホラー映画

「踊り子の村でのKKN」(KKN di Desa Penari)インドネシア映画史上で観客動員数ナンバーワンとなり、ロングランを続けているホラー映画。インドネシアでホラー映画は人気だが、この「踊り子の村でのKKN(カーカーエヌ)」では、残酷な殺害シーンなどはなく、心理的な恐怖が次第に高まっていく作りになってい... Read More...

【ぼくせん〜ロンボク先生日記】 #10  進める?留める?進級会議㊤

<前回のおはなし>ここは北ロンボク県、観光専門高校。私は日本語教師、ぼくせん(ロンボク先生)。授業時間中に教室外でたむろしている生徒たち。しかしそれは生徒の問題ではなく、先生が無断欠席しているためだとわかりました。しかも、震災後に学校に来なくても支援物資を受け取れたことに味をしめたという、根深い問題と知ったの... Read More...
Marley

インドネシア映画倶楽部 第39回 「マーリー」(Marley) 犬を交えた定番ファミリードラマ

文と写真・横山裕一 近年、ジャカルタでは主に中間層以上でペットブームが起きているようだ。以前はジャワ文化の影響で美しい鳴き声の小鳥くらいだったが、最近は日本と同じく犬や猫を室内で飼う人が増えている。西ジャカルタのショッピングモール、セントラルパークの中庭ではペット持ち込み可能となり、大勢の人がペットを... Read More...
賀集さんの作品(コースター)

#賀集さんありがとう ウェブ作品展

皆様から寄せられた、賀集由美子さんの作品の写真を掲載します。①お名前②買った年③買った理由④作品の思い出、使ってみた感想など①出口②2016年に撮影(このスクリーンショットは、亡くなられたことをTwitter上で皆さんが知り始めた時間帯に撮ったものです。ですので、その時間が出ています③④作品はたくさん... Read More...
Bebas

映画「Bebas」ネタバレ解説&インドネシア語講座

映画「Bebas」が3月10日からNetflixで配信されます。映画館で見た時は、観客があちこちでどっと湧いているのが印象的でした。笑いのツボに加え、スラングやスンダ語が使われているので、何がおかしいのか、ちょっとわかりにくい場面もあります。インドネシア語家庭教師のカルティカさんへの「Q&A」で、疑問点を解説... Read More...
Tikam Polisi Noken

インドネシア映画倶楽部 第38回 「パプア人警察官ティカム」(Tikam Polisi Noken) パプア州警察が制作、監督、出演まで

文・写真:横山裕一 警察による警察のための警察の映画、とまでいったら怒られてしまうかもしれないが、パプア州警察本部長プロデュース、監督は同警察本部人事局長、さらに出演も地元俳優以外に警察関係者多数とパプア警察総動員の作品。 2019年11月公開作品で国家警察制作の刑事アクション映画があったが(... Read More...
「フォトコピー」(Courtesy of Netflix)

インドネシア映画倶楽部 第37回 番外編(Netflixより) 「フォトコピー」(Penyalin Cahaya / Photocopier) 2021年FFI受賞ほぼ総ナメの話題作

文・横山裕一、写真・Netflix提供 劇場で公開されておらず、ネットフリックスのみで配信公開されている作品だが、2021年インドネシア映画祭(FFI)の長編映画カテゴリーで、全17部門のうち最優秀作品賞や監督賞など12部門までを独占した話題作でもあるので紹介したい。「フォトコピー」より(Courte... Read More...
本作品にも登場する、南ジャカルタ・ブロックMのコーヒーショップ

インドネシア映画倶楽部 第36回 「ベン&ジョディ」(Ben & Joddy) 「フィロソフィ・コピ」が一転アクション映画に!

文と写真:横山裕一 人気映画「フィロソフィ・コピ」(コーヒー哲学/Filosofi kopi:2015年公開、2:2017年公開)シリーズの第3弾で、番外編、あるいはスピンオフ的な作品。ポスターや予告編ですでにわかってはいたが、コーヒーにかける情熱や友情を描いたこれまでの物語から、銃弾まで飛び交うアク... Read More...
Just mom

インドネシア映画倶楽部 第35回 「ジャスト・マム」(Just Mom) 偉大なる母親の愛情

文と写真:横山裕一 母親の子供に対する偉大なる愛情を描いた、涙さそうファミリー映画。インドネシアの大御所女優、クリスティン・ハキムによる「これぞインドネシアの母親像」と言わんばかりの貫禄の演技も味わえる。 物語はすでに大人になった3人の子供を持ち、癌闘病を続ける母親シティを中心に描かれる。すで... Read More...
学校の授業

【ぼくせん〜ロンボク先生日記】 #9 先生の無断欠席

<前回のおはなし>ここは北ロンボク県、観光専門高校。私は日本語教師、ぼくせん(ロンボク先生)。2018年ロンボク地震で壊れた校舎に代わる新校舎の建築がようやく始まりました。その横で生徒たちは、まだ仮設校舎で勉強しています。しかし、雨季が本格化し、校舎内まで雨に濡れる事態がたびたび発生。毎度騒ぎ立てながら雨と格闘し、そ... Read More...