Latest articles

hanako_02_IMG_0182

編集長日記 
ジャカルタ、イースト菌日和

 突然、熱中し始めたのがパン作りだ。子供のころに母が時々、パンを作ってくれたが、冬はこたつの中にパン種を入れたり、発酵させるのが大変そうだった。イースト菌の発酵に最も適した温度は27〜36℃。ジャカルタの気温は大体これぐらいなので、室温で放り出しておけば良い。勝手に膨らみ、あとは...
inko_07_00

インコ侍 7 捕らわれの姫

   小太郎の鳴き声に応じて、  「ピキョキョキョキョキョキョ……」  確かに、近くで噛虎(かみとら)の呼び鳴きの声がする。  声が最も大きく聞こえた部屋に入ったが、姿は見当たらなかった。  「確かに、この辺りで聞こえたはず……」  「あっ、これは...
08_yusan_title_web

ミレニアルの肖像
Puradhi Mahatva Yusanto Putra (23)
学生、ジャワ舞踊家

 音楽が聴こえてきた時、自然に体が動きました。何をやっているのか、自分ではよくわかっていなかったのですが、うれしくて幸せな気持ちでいっぱいでした。父もジャワ舞踊家だったのですが、私を見て、「この子は踊りが上手だ!」と言いました。私がまだ5歳だった時のことです。  音楽を聴い...
katakata_web_title56-01

かたかたインドネシア #56

 毎度のことですが、苦労するのがネタ探し。そこへ、意外な救世主が現れました。インドネシアで最も有名な飲料水のAQUA(アクア)です。ちなみに、ここで使われている「Q」という文字は通常のインドネシア語で使われることはなく、記号や外来語(借用語)でのみ使われます。ところが、面白いこと...
nias_DSCF7032

【特集】ふしぎの島ニアス 1 闇をのぞく 
グヌンシトリ Gunungsitoli

 メダン空港の搭乗口からバスに乗り込んだ人数はそれほど多くなく、バスが停まった所に待っていたのは、久しぶりのプロペラ機だった。プロペラ機は揺れるかと思ったが、揺れたのは飛び立った最初だけで、あとは順調だ。山と雲がたっぷりと連なるスマトラ島の広大な陸地を抜けるまで、結構な時間がかか...
kemono_DSCF6719

【特集】インドネシアのサファリパークのフレンズたち! 
オオトカゲ科のフレンズ

 今回のツアーの最大のハイライトは、コモドドラゴンのこども!  昨年8月17日(インドネシア独立記念日!)に生まれた卵から、今年3月2日に赤ちゃんが生まれた。卵26個のうち、無事にかえったのは21個。4匹は病院に入院中で、17匹がパーク内の特別室で順調に育っている。 ...
kemono_DSCF6845

【特集】インドネシアのサファリパークのフレンズたち! 
ペンギン科のフレンズたち

 「けものフレンズ」のアニメでも、アイドルはペンギンだった。パークのアイドルは何と言ってもペンギン!  インドネシアのサファリパークにいるのはなんと、日本の水族館から贈られた日本生まれのペンギン。2008年に12匹が贈られ、現在は繁殖して50匹になっている。  ペンギ...