文・横山裕一

 

 アメリカのグラミー賞受賞歌手、ジュディス・ヒルのミュージックビデオ制作のため、約40年間アメリカでバリ・ガムランの普及活動をしてきたバリ人・ニョマン・ウェンテン氏(73)がコラボする過程を描いた音楽ドキュメンタリー映画。監督は東ジャワ州出身でハリウッドで活動するリフィ監督。

 随所に美しいバリの風景映像とガムラン音楽が織り交ぜられていて、バリの魅力を気軽に楽しめる。ちなみにジュディス・ヒルはアフリカ系アメリカ人の父親と日系人の母親を持つロサンゼルス生まれ。マイケル・ジャクソンやプリンスに認められた実力派の歌手だ。

 ロサンゼルスのUCLAなどでガムラン演奏を指導するニョマン氏は、バリ舞踊を指導する夫人のナニックさんとともに引退してバリに帰る予定だった。ただその前にアメリカで長年手がけてきたガムラン活動を何か形に残したいと考えていた。そこに舞い込んできたのが、新曲に新しい音を求めていたジュディス・ヒルの依頼だった。

 ジュディスが曲を流す。満面笑みのニョマン氏が体でリズムを取り出す。そして、リズムの合間を縫って「ティキ・ティキ・ティン」「ティキ・ティン」と声に出しながら、両手でガムランを鳴らすそぶりをする。ファンクミュージックをガムランで奏でるイメージが早速浮かび始める…。

 バリ・ガムランはあらゆるのものに神が宿るといわれるバリ島の、自然や生活全てを表現したものだという。一面に広がる田園、そよぐ風、それにあわせて左右に揺れる稲穂。舞い飛ぶ鳥、小走りの犬、そして細いあぜ道をすぅーっと歩く人々。その動き、リズムが鉄琴や銅鑼、太鼓、笛などで奏でられていく。美しい映像を背景に流れるガムランの音を聞いているとガムランの成り立ちのイメージが沸いてくる。

 そしてファンクミュージックとガムランのコラボ。異文化音楽の融合、合奏はよくあるが、今回も観ていて、聞いているうちにまさにジャズの世界を想い起こさせてくれるような気分になる…軽快なピアノ演奏に激しくトランペットがかぶさりながらソロに移る。やがてそれを奪うようにサックスがメロディを奏でたかと思うと、それを鎮めるかのようにベースがリズムを貯める。最後は全員でメインテーマを演奏する。まさに60年代のビバップ・ジャズを聴いているようだ。ファンクミュージックにガムランがどう融合していくか、練習やレコーディングシーンは観ていてわくわくする。

 ミュージックビデオのダンスはニョマン氏の奥さん、ナニックさんの担当。バリ舞踊の特徴は手と目の動き。指の動きは風にそよぐ稲穂を、左右に大きく動く目は沢山の果物などを頭の上に載せて運ぶ女性が、頭を動かせないため目だけを動かして周りを見ていたところに由来するという。

 作品中、特にバリ気分を味わえ、気分を和ませてくれるのが、ニョマン氏の生い立ちを再現するシーンだ。ニョマン氏の子供時代を演じる男の子が、バリの田舎の村でいかにバリ舞踊、ガムランに出会っていくかを描いている。

 彼が田舎の路地を歩く。彼の目線の高さでカメラが追いかける事で、路地を歩く臨場感が出るだけでなく、周囲の生活感も感じられる。そしてなにより、このニョマン氏幼少期を演じる男の子がいい。ちょっとぽっちゃり体形でお茶目な仕草を随所に見せて、バリの風景に相まって和ませてくれる。

 そして遂にできあがったガムランとのコラボによるジュディス・ヒルの新曲「クイーン・オブ・ザ・ヒル」。出来映えには満足したというニョマン氏だが…。

 以下はあくまで個人的な感想だが…ここまで紹介しておいて何だが、ビデオクリップの楽曲ではガムランの響きはあまり際立っておらず、ガムランとのコラボという意味では若干残念な気がした。もう少しガムランの音を立てた方がいい気もするのだが…。こればかりは人それぞれに好みがあるので、是非直接観て、聴いて感じていただきたい。

 とはいえ、バリの魅力、ニョマン氏のガムランにかける想いは十分に感じ取る事ができる。微笑みの島と言われるだけあって、アメリカで40年間の勤めを果たしたバリ人・ニョマン氏の笑顔はとても穏やかで、いい笑顔だ。(英語字幕)

 

予告編

https://www.youtube.com/watch?v=y05OyxqpxPU

 

インドネシア映画倶楽部 第1回 「マルリナ〜ある殺人者の四幕〜」(MARLINA SI PEMBUNUH DALAM EMPAT BABAK)

インドネシア映画倶楽部 第2回 「アホックと呼ばれる男」(A MAN CALLED AHOK)

インドネシア映画倶楽部 第3回「トゥンコラック(ドクロ)」(TENGKORAK)

インドネシア映画倶楽部 第4回「ディラン1991」 (DILAN 1991)

インドネシア映画倶楽部 第5回 「我が素晴らしき肉体の記憶 (KUCUMBU TUBUH INDAHKU)」

インドネシア映画倶楽部 第6回 「メイの27ステップ (27 STEPS OF MAY)」

インドネシア映画倶楽部 第7回 「アンブ〜母(Ambuh)」

インドネシア映画倶楽部 第8回 「人間の大地(Bumi Manusia)」

インドネシア映画倶楽部 第9回 「追跡(Perburuan)」 日イ歴史の再認識