文・写真…鍋山俊雄

 北マルク州の玄関口となる空港のあるテルナテ島の真横にあり、大きさもほぼ同じ、ティドレ島。テルナテの空港に着陸する時に見える、円錐型の山を中心として麓に街が広がる様子もよく似ている。

(北マルク)テルナテ
手前がテルナテ島。左端に見えるのがティドレ島


 このティドレ島はテルナテ島と隣り合い、それぞれの王国がライバル関係だった歴史を持つ。この島にもいくつかの要塞(Benteng)跡がある。

 ティドレ島には空港がないので、テルナテ島からスピードボートで海を渡って行く。ティドレ島の砦巡りをすべく、週末弾丸旅行で行くことにした。

 テルナテに向かう便は金曜深夜ジャカルタ発。土曜午前6時過ぎにテルナテの空港に到着した。ホテルで荷物を預け、ティドレ島に向かうボートはどの港から出るか、料金や頻度、そしてティドレ島でのオジェック(バイクタクシー)料金の相場などの情報をフロントに聞いて教えてもらった。

 ティドレ島へのスピードボートはホテルからすぐ近くのバスティオン(Bastiong)港から出て、乗船時間は15分ぐらい。乗り合いで1人1万ルピア。停まっている船に乗って待ち、乗客が10人近くなったら出発する。一人でチャーターするなら10万ルピア(10人分)を払えばできるだろうとフロントで言われたが、港に行って一番手前のボートに乗ると、すぐに乗客でいっぱいになり、10分も待たずに出発した。

(北マルク)テルナテ
バスティオン港に並んだ乗り合いのスピードボート
(北マルク)テルナテ
乗り合いボートで出発。乗客は6人だった

 海は穏やかで、あまり揺れることもなく進む。乗客は、買い物品を抱えたおばさんたちで、まさに乗り合いバスと同じだ。中には、バイクを乗せられる船もある。天井にズラリとバイクの固定された船が入って来た。乗客たちは、手際良く降ろされたバイクに乗って、島に上がっていく。

(北マルク)ティドレ
バイクを運搬できるタイプの船もある
(北マルク)ティドレ
ティドレ島に到着

 外国人はまったくいない中で、オジェックをつかまえて、交渉開始。目的地は、港から島をちょうど半周した所にある。そこまで送ってもらって、またそこでオジェックを探しても良かったが、1周すれば50分ぐらいということで、「おしゃべりがてらの案内付き」で、島1周20万ルピアでチャーターした。

(北マルク)ティドレ
最初の目的地ソアシオ(右下)まで22キロ。島を一周しても40キロ余りくらい

 青空の下、バイクの後ろに座って、舗装路をするすると走っていく。ジャカルタの渋滞と排気ガスの中でオジェックに乗ったことはないが、旅先の地方であれば、オジェックが唯一の交通手段という所もあるし、時々乗るが、実に気持ちがいい。

 30分弱、一本道をずっと走る。島の東側のソアシオ(Soasio)村にあるタフラ要塞(Benteng Tahula)に到着した。説明によれば、この砦はスペイン統治時代の1615年に建造された。一時は50人のスペイン軍が駐留していたが、その後、オランダとの戦いにスペインが破れたため、フィリピンへと移って行った。オランダは当時のティドレ国王に要塞の解体を命じたが、国王は王宮として使うために維持したいと希望し、この要塞は解体を免れたとのことだ。

(北マルク)ティドレ
右にある門のような入口からタフラ要塞へ階段で登る
(北マルク)ティドレ
タフラ要塞の中庭
(北マルク)ティドレ
最後ははしごで頂上まで
(北マルク)ティドレ
タフラ要塞の上からの眺め

 要塞はソアシオ村の西端にあり、頂上からは、海の向こう側に、ハルマヘラ島の稜線が見える。テルナテ島もティドレ島も、ハルマヘラ島に面した島の東側が発達している。ティドレ島東部はテルナテに比べると、もう少しこぢんまりした感じだ。要塞からは村が一望でき、ティドレ王宮やティドレ王国モスクも見える。王宮は残念ながら閉まっており、中に入ることはできなかった。

(北マルク)ティドレ
対岸にハルマヘラ島が見える
(北マルク)ティドレ
ソアシオ村の眺め。左奥の広場が王宮
(北マルク)ティドレ
下から見たところ。右奥の建物が王宮
(北マルク)ティドレ
ティドレ王国モスク(Mesjid Kesultanan Tidore)
(北マルク州)ティドレ島
ティドレ王国の博物館(Museum Sonyine Malige)。訪ねた時は休館だった
(北マルク)ティドレ
ソアシオ村の大通りから見たタフラ要塞

 王宮の裏手にもう一つ、大きなトッレ要塞(Benteng Torre)がある。1578年、当時のティドレ国王が許可し、ポルトガル軍が建てたという。

 テルナテは当初、ポルトガルと同盟を組み、ティドレの脅威になっていた。しかし、テルナテがポルトガルを追放した1570年以降、ポルトガルはティドレにこの要塞を建造した。城壁しか残っていないが、先ほどのタフラ要塞よりも高台にある。

(北マルク)ティドレ
トッレ要塞の入口。左の階段を登る
(北マルク)ティドレ
トッレ要塞の入口
(北マルク)ティドレ
要塞の内部
(北マルク)ティドレ
トッレ要塞の上からの風景

 ここでしばらく休憩。オジェック運転手によると、ティドレとテルナテは昔から争ってきた歴史があり、こんなに近いのにもかかわらず、言葉も違う。テルナテ語とティドレ語という別の言葉が話されている。しかし、今はもちろん、そういった敵対関係はなく、生活の必要上、ティドレの住民もよくテルナテに出かけるし、テルナテのガマラマ山が噴火した際には、多くのテルナテ島民がティドレに避難してきたそうだ。

 ティドレ島には11世紀後半から王国があり、ジャワとの交流の中で、14世紀にはイスラム化した。16〜18世紀には、テルナテ王国と争いながら、対岸のハルマヘラ島南部から西パプアの一部にまで勢力を伸ばしたとされている。

 16世紀初頭からは、ポルトガルと連携したテルナテに対抗して、ティドレ王国はスペインと同盟を結んだ。オランダがマルク地域を占領した後は、19世紀ごろまで何度かオランダと交戦している。オジェック運転手に聞いたところでは、オランダがこの島に侵攻して来た時、若い娘がオランダ人に連れ去られないようにと若いうちから結婚させたため、ティドレ島の島民のほとんどは親戚関係にあるとのことだった。

 街中に墓があるヌク王(Sulutan Nuku、1797〜1805)統治時代には、テルナテやアンボンに拠点のあったオランダ東インド会社の統治に、ティドレから激しく抵抗した。ヌク王は、独立後のインドネシア政府から「国家英雄(Pahlawan Nasional)」の称号を与えられている。

(北マルク)ティドレ
ヌク王の墓への入口
(北マルク)ティドレ
ヌク王の墓はこの門の中

 バイクで再び、元の港に向かって、島の外周道路を出発した。

(北マルク)ティドレ
ハルマヘラ島が見える海岸

 港の手前で、最後にルム要塞(Benteng Rum)の跡地を見た。海に切り立った崖の上にその跡があるというが、森に覆われており、そこへの道もない。「あの辺がそうだ」と言われて、眺めるだけだ。この砦だけ、先に見た二つと違って、テルナテ島に面したルム海岸にある。

(北マルク)ティドレ
正面の張り出した森の所がルム要塞の跡地
(北マルク)ティドレ
ティドレ島から見るテルナテ島

 約3時間のティドレ島1周ツアーを終えて、再びスピードボートでテルナテ島に戻った。

 テルナテ島では、オランダ統治時代の1607年に建造されたオランエ要塞(Benteng Oranje)を見学した。ここはテルナテ王宮の近くに位置しており、テルナテ国王から同国の管轄する香辛料貿易の独占を許された、オランダ東インド会社のマルク地域統括本部が置かれていた。海沿いにあるほかの防御砦と異なり、城壁を巡らし長方形をした敷地は広く、今では一部が公園、一部が軍の管理施設になっている。

(北マルク)ティドレ
(北マルク)テルナテ
(北マルク)テルナテ
今は軍の管理施設として使われている

 実質1日半の週末旅行では、自分好みの遺跡ばかりを巡ってしまった。しかし、遺跡以外にも、シュノーケリングが楽しめる美しい海や、 オランダがテルナテ王国の財宝を不法に取得し湖底に隠したとの言い伝えがある不思議な雰囲気の緑の湖、トリレ(Tolire)湖など、訪れたいスポットはまだまだある。

(北マルク)テルナテ
緑色の湖面が不思議な雰囲気を醸し出すトリレ湖。この時とは別の旅行で訪れた
(北マルク)テルナテ
テルナテ王宮
(北マルク)テルナテ
テルナテの市場

 島の中心にあるガマラマ山が活火山であることから、北マルク州が分離された後の11年間ほどテルナテにあった北マルク州都は2010年、ソフィフィ(Sofifi)に移された。とはいえ、このテルナテ島とティドレ島が北マルク州の玄関口。自然と歴史遺跡の豊富さは、週末旅にお薦めだ。

(北マルク)テルナテ
テルナテ島を離陸

 大航海時代の香辛料貿易は、かつてマラッカ王国があったマレーシアや、このインドネシアのマルクがキースポットとなる。小さな島ではあるが、テルナテとティドレ両島は香料諸島の旅からは外せない。さらに、この香料諸島の旅は、舞台の中心であるバンダ諸島(マルク州)に行かないと、コンプリートしない。そんな魅力のあふれるバンダ諸島は次のマルク州の中でご紹介します。

インドネシア全34州の旅
#0 空港
#1 北スラウェシ州 インドネシアの最北端?
#2 アチェ州 インドネシア0キロ地点と津波の跡
#3 ブンクル州 英国の砦、スカルノの足跡
#4 南カリマンタン州 川の街の水上マーケット
#5 バンテン州 バンテン王国跡へ、列車の旅
#6 西カリマンタン州 春分の日に赤道へ 影がなくなった!
#7 南東スラウェシ州(上) 波の音しか聞こえない、ぜいたくな空間
#8 南東スラウェシ州(下) インドネシア最大級、ブトン王国の城壁都市
#9 バンカ・ブリトゥン州 アホック前知事の故郷、「ラスカル・プランギ」の島
#10 リアウ諸島州 最北端の島の1つ。石群が織りなす造形
#11 西スラウェシ州 トラベラーの中でも「まだ行ってない」率が高い
#12 パプア州 ①国境編(ジャヤプラ、メラウケ) 国境の看板の向こうは熱帯雨林
#13 パプア州 ②山編(ワメナ) 伝統の残り香のあるうちに
#14 パプア州 ③海編(ティミカ・パンタイ) 船で新しい土地へ
#15 パプア州 ④戦争編(ビアク) 息をのむ美しさの海、戦争の名残り
#16 西パプア州 ラジャアンパットを一人で弾丸旅行する方法
#17 リアウ州 仏教遺跡と王宮
#18 ジャンビ州 東南アジア地域で最大級の広さを持つ寺院遺跡群
#19 南スマトラ州 アンペラ橋の周りの見所を巡る
#20 ランプン州 草原の象、蝶の公園
#21 バリ州(ヌサペニダ島)  断崖絶壁と白砂ビーチめぐり
#22 ジャカルタ特別州  オランダ時代の「忙しい」島から見る高層ビルの街
#23 西ジャワ州 緑の中にたたずむ伝統村
#24 中部ジャワ州 週末のスマラン、鉄道の旅
#25 東ジャワ州① 絶景ブロモ山とマランの「ブルーシティー」
#26 東ジャワ州②マドゥラ島  全速力で駆け抜ける牛の勇姿、人工の石灰岩の造形
#27 ジョグジャカルタ 映画ロケ地巡りとワイサック
#28 西スマトラ州  ブキティンギのグランドキャニオン
#29 北スマトラ州 ニアス島へのオープントリップ
#30 西ヌサトゥンガラ州 スンバワ島へ、2枚の写真の風景を見に
#31 中部スラウェシ州① 人や動物、謎の石像遺跡群
#32 中部スラウェシ州② スラウェシの「ミニ・ラジャアンパット」
#33 ゴロンタロ州  「隠れモルジブ」? 特筆すべき美しさの島
#34 南スラウェシ州 美しい島の突き付ける海洋ゴミ問題
#35 中部カリマンタン州 森の中で見る野生のオランウータン

#36 東カリマンタン州 マハカム川を遡る船旅

#37 北カリマンタン州 石油とアブラヤシの州

#38 北マルク州㊤ 美しい海と戦争の傷跡

番外編 鍋山俊雄さん選 インドネシアで絶対に行っとくべき場所