bullet03_map

文・写真…鍋山俊雄

 ブンクル州はスマトラ島の南部、ランプンからパダンにかけて、海岸沿いに細長く伸びる州である。私がブンクルに行こうと思ったのは、スマトラ島とボルネオ島を中心に咲く世界最大の花ラフレシアについて調べていた時だ。ブンクルは「ラフレシアの街」と呼ばれ、ラフレシアを見るポイントも街の郊外にあるらしいとわかった。

 さらに調べると、この地域は、8世紀にはスリウィジャヤ王朝の一部だったが、近隣のパレンバンやジャンビのように地域王朝による統治が発達した地域ではない。16世紀からはポルトガルとオランダ、17世紀から19世紀まではイギリスの統治下にあり、シンガポールを創設したスタンフォード・ラッフルズも一時期、ここに居留していた。街外れにはイギリスが建造した「マルボロー砦」(Benteng Marlborough)が今も残っている。

 ブンクルの空港は「ファトマワティ・スカルノ空港」という名前である。おなじみのジャカルタが「スカルノ・ハッタ空港」で、初代正副大統領の名前をつなげたものであるのに対し、初代ファーストレディーであるファトマワティとスカルノの名前を冠した空港になっている。

bullet03_airport

 スカルノはオランダ統治下の1938〜42年、ここで抑留され、ファトマワティと出会った。スカルノの家、ファトマワティの家と、各々が保存されている。

 このように、ブンクルは、私の好きな歴史遺跡の見所が意外とたくさんある。旅の行き先に決め、いつものように「週末弾丸旅行」でブンクルへと向かった。

 着陸に向けて高度が下がった飛行機の窓から眺めると、うっそうと茂る森と長い水平線が続く。ジャカルタから1時間20分程度でブンクルに到着した。

bullet03_bengkulu

 ラフレシアの開花情報は事前にインターネットで調べてみてはいたものの、よくわからなかった。着いた早々、ホテルで確認すると、この時期(11月)はラフレシアの咲く可能性のある時期ではあるが、今日現在は開花の情報はないとのことだった。開花している時は新聞に載るなどして、地元では情報は伝わるそうだ。ただ、山の中なので、どの辺で咲くかということも、当然、毎年、違うらしい。

 気を取り直して、街中の歴史旧跡巡りに出かけることにした。まずは、スカルノがデザインしたとされるジャミック・モスク(Masjid Jamik)。少なくとも築70年以上ということになるだろうか。とんがり屋根のシンプルなモスクである。

bullet03_masjid soekarno

 そこから、インド洋を臨むマルボロー砦に向かって歩いて行った。18世紀初頭、英国東インド会社によって建造された。18世紀半ばにはフランス軍の侵攻を受け、その後も何度か地元民との間で騒乱(戦い)が起きている。19世紀初頭、ブンクルはオランダに割譲された。インドネシア独立後、マルボロー砦は国軍管理下に置かれていたが、その後、文化遺跡として復元されて、今に至る。 砦の中には当時の資料や説明があり、歴史好きには興味深い。海に向かって砲台が置かれており、そこからインド洋を眺めながら、のんびり、ひと休みする。

bullet03_Marlborough

 砦から海岸に出ると、パンタイ・パンジャン(Pantai Panjang)と呼ばれる長い海岸が続く。オジェックか何かを拾おうと思ったが、車通りが少なく、結局、1時間はたっぷり歩いて、次の目的地であるスカルノの住んでいた家(Rumah Kediaman Bung Karno)に到着した。

 家は大きくはないが、当時の資料とともに応接室や寝室が再現されている。執務机、スカルノが乗っていた自転車などが展示されていて、面白い。そこから20分余り歩いた所に、ファトマワティの家がある。インドネシア独立宣言の際にファトマワティがインドネシア国旗を縫うのに使ったとされるミシンが展示されている。

 翌日は、ブンクル州博物館、ブンクル州大モスクなどを見学した。博物館には、ブンクルの古文書や遺跡に見られる古文字の説明といった、興味深い展示も多い。庭にはラフレシアの実物大模型があった。

bullet03_museum

 ブンクルの街のあちこちで、ブンクルでしか見られない装飾塔をよく見かけた。これはイスラム暦の1月であるムハッラム月(Muharram)の1〜10日、ブンクルで毎年、開催されるタボット祭り(Upacara Tabot)で使われる装飾山車を模した物だ。タボット祭りは、17世紀半ばに、英国の侵攻とともに英国領だったインドのマドラス・ベンガル地域から連れて来られたインド系の住民が持ち込んだ儀式とのことだ。預言者ムハンマドの孫であるフサインの死を悼み、毎年、盛大な装飾塔が通りを練り歩く。その時期に再度ブンクルに来て、是非、見てみたいものである。

bullet03_tabot

鍋山俊雄(なべやま・としお)
インドネシアに在住期間は計10年になる。仕事でジャワ、カリマンタン、スマトラへの出張が多いことに加えて、「週末弾丸トラベラー」としてインドネシア各地を放浪し、全34州を訪問した。

#0 空港
#1 北スラウェシ州 インドネシアの最北端?
#2 アチェ州 インドネシア0キロ地点と津波の跡