チェリストのヨーヨー・マは6日、ジャカルタ・クマヨランのジャカルタ・インターナショナル・シアターで、インドネシアで初めてのコンサートを開いた。

 チケットは約100万〜約1000万ルピアと高額だったが、前売り券は売り切れ、約2500席がほぼ満席となった。訪れた聴衆は、開演前にヨーヨー・マの写真の前で記念撮影をしたり、劇場内でセルフィーをして、ジャカルタでは珍しいクラシック・コンサートを楽しんだ。

コンサート会場

Eチケットを入場券に引き換える行列

ヨーヨー・マの写真の前で記念撮影

ホールへの入口

3階席まである劇場

 曲目は、バッハの「無伴奏チェロ組曲」第1〜6番。チェロのみでの約2時間半の演奏が終わると、大きな歓声と鳴り止まない拍手、スタンディングオベーションが送られた。

 アンコールは、インドネシア人のジャズ・シンガー、ディラ・スガンディさんとの共演で「ブンガワン・ソロ」。それまでのバッハとはがらっと違った雰囲気で、インドネシアで愛唱されている曲をチェロで歌い上げた。

関連記事

チェロ1本とは思えない多彩な音色 自由自在な演奏に没入