朝起きるとまず冷蔵庫へ行って、麦茶入れのようなガラス瓶に入っているジャムーを出して、花柄のホーローの小さいコップにたっぷり入れる。窓の外を眺め、スマホをチェックしながら、ゆっくりと飲む。朝には咳が出ることも多いのだが、ジャムーを飲んでいると喉がスッキリしてきて、気持ちもすーっと落ち着いてくる。「さぁ、今日も1日、やるぞ!」という気になる。

 朝食は、自分で焼いた丸パンとコーヒー。「Paul」のパンが好きだが、モールは閉まっているので、パン作りを再開した。パン種を常温で2〜3時間も放置すれば勝手に発酵するので、ジャカルタはパン作りに適している。

 朝食の後、バスルームへ行って、掛けてあるバティックを眺めながら、ゆっくり歯を磨く。気分転換にバティックを取り替え、チレボンへ行った時に買った、ジャワの農村風景を描いたバティックにした。

 牛車を駆る人、収穫した稲束を運ぶ人、稲を突く人、漁をする人、蝋描きをする女性、羊飼い、風船売りの人と子供……のどかな農村の日常風景が布いっぱいに広がっている。

 家にたくさんあるバティックの中から何気なく「これにしよう」と選んだのだが、私の持っているバティックは花、鳥、果物、動物柄が多い。これは珍しく、人を描いたバティックだ。

 多分、「人が恋しい」のだと思う。こういう、にぎやかなジャワの農村風景の中に身を置きたい、と願っているのかもしれない。

 このバティックのテーマは「働く」「インドネシアの人」。ユーモラスに描かれた人々のバティックを見ていると、元気が湧いてくる。この先、コロナ感染が拡大したとしても、当然ながら、ここインドネシアでインドネシア人は暮らし続けている。そして、私の生活基盤もここにある。ここで自分のできる仕事をしよう、と思う。

 

池田華子(いけだ・はなこ)
1999年からインドネシア在住。+62編集長。

 

関連記事
ジャムーを作ろう 「+62料理教室」ミニさんのレシピ

編集長日記 ジャカルタ、イースト菌日和

 

【インドネシア居残り交換日記】 
DAY 1 賀集由美子(チレボン) 2020年4月28日 怒濤の「2コマ漫画」マスク作り

DAY 2 横山裕一(ジャカルタ) 2020年4月6日 マスク越しの会話

DAY 3 西川知子(ジャカルタ) 2020年4月19日 とある休日

DAY 4 成瀬潔(バリ) 2020年4月25日 嵐が過ぎるまで

DAY 5 成瀬潔(バリ) 2020年4月26日 飼育係

DAY 6 ダグソト(ジャカルタ) 2020年4月29日 会社にヒョウが出た!

DAY 7 西宮奈央(バンドン) 2020年5月6日  カボチャが採れるころ

DAY 9 池田華子(ジャカルタ) 2020年4月9日 子猫を拾った

DAY 10 岸美咲(ソロ) 2020年5月10日 ジャワの芸術家のエネルギー

DAY 11 松下哲也(東ヌサトゥンガラ・アドナラ島) 2020年5月10日 日曜の釣り

DAY 12 名取敬(ジャカルタ) 2020年4月某日 任天堂タイム

DAY 13 岡本みどり(ロンボク) 2020年5月10日 断食月の食事

DAY 14 賀集由美子(チレボン) 2020年5月11日 PSBB下でのバティック製作

DAY 15 武部洋子(ジャカルタ) 2020年5月19日 母は日記を書く

DAY 16 西宮奈央(バンドン) 2020年5月13日  バナナチャレンジ

DAY 17 轟英明(チカラン) 2020年3月15日〜5月24日 新しい日常

DAY 18 名取敬(ジャカルタ) 2020年4月某日 酒とテレビと囲碁タイム

DAY 19 松下哲也(東ヌサトゥンガラ・アドナラ島) 2020年5月24日~29日 魚づくしごはん

DAY 20 岸美咲(ソロ) 2020年5月27日 ガムランの「うちで踊ろう」

DAY 21 宇田川朋美(東ジャワ・クディリ) 2020年6月1日 こんな時だからこそ、家でおいしいものを

DAY 22 池田華子(ジャカルタ) 2020年5月23日 じんごろう、その後

DAY 23 西川知子(ジャカルタ) 2020年5月5日 バティック、バティック、バティック

DAY 24 岡本みどり(ロンボク) 2020年6月1日 家庭菜園ズボーラ

DAY 25 高野洋一(ジョグジャカルタ) 2020年6月2日 時間があるといろいろ考える

DAY 26 村田真理子(ジャカルタ) 2020年6月4日 #大人になってまでなわとびするとわW