CAPTCHA


CAPTCHA


 今年の6月に本帰国して、日本に置きっぱなしだった夏物を引っ張り出していた。

 たまたま青と白のギンガムチェックのチュニックが出てきて、
 あらま、これ、賀集さんとお揃いみたい!
 コロナが終息したら、ペンギンマーケットへ着て行って、『W賀集!』とか言ったらウケるかな?ってぼんやり思っていたその翌日、訃報を聞いた。

 もうね、悲しいとかより先に、なんで?なんで?なんで?がずーっと頭の中を回ってて、そのまま時間が過ぎて、今でもまだ、信じられない。

 ペンギンマーケットを始める時に、真っ先に賀集さんに参加をお願いした。
 “やろうやろう!”即答。

 クリスマスのイベントでも、しらっと一番に仮装してるし、イベントが終わると、いつも『じゃ、ビンタンビール箱買いしなきゃいけないので!』と言いながら、チレボンへピューッと去っていく。

 は、早い!

 ペンギンマーケットで会うたびに、
 『トモコさんのイラストでペンギンのキーホルダー作ってみたよ!』
 『ジョコウィさんのミニクッション作ったよ!』って、なぜか私の新作を作って来て、プレゼントしてくれるのかと思いきや、自分のブースで売っとるやないかい!
 でも、まあいっか、賀集さんだし。

本多トモコさんのイラストを使って賀集さんが作ったキーケース

 何度も、コラボしようって話してたのに私がモタモタしてるから、賀集さんは待ちきれずに、ピューッと追い抜いて作っちゃってたんだよね。

 判断も仕事もアイデア出すのも早くて、いつも感動と刺激をもらってたのは私の方。
 おおらかで、なんだかクッションみたいにフワンフワンしてるようで、エネルギッシュな、根っからの職人。

 天国へはそんなに早く行かなくても良かったんじゃないかなあ?
 まだまだ、一緒にやることたくさん残っているのに。。。

 “またペンギンマーケットで会えますよね?ブース開けておきますよ。だから、ピューっと戻って来て下さい。
 そして、ちゃんと顔見て、ありがとうって言わせて下さい。
 賀集さーん!”

ペンギンマーケット主催、イラストレーター/本多トモコ