<特集>インドネシア アヤム紀行
バンジャルマシン
Soto Banjar, Ayam Masak Habang

ayamkikou11_Soto Banjar05ソト・バンジャール=ソト。ウコンを使わないので白っぽい。鶏、ビーフンのほか、プルクデルを入れる。ゆで卵はアヒルの卵を使うことが多い。

主な香辛料=ニンニク、赤小玉ネギ、ナツメグ、丁子、シナモン、セロリ、ネギ、カルダモン

辛さレベル(0〜5)=0

ayamkikou11_Ayam Masak Habang02
アヤム・マサック・ハバン=チャベ・バンジャルを使い、色が真っ赤なので「ハバン(赤)」と言う。グラ・アレンを入れるので甘い。

主な香辛料=チャベ・バンジャル、赤小玉ネギ、ニンニク、ショウガ、シナモン、ケチャップ・マニス

辛さレベル(0〜5)=2

ayamkikou_map11
白いスープと赤い鶏。

 ソトは白っぽく、使う香辛料は丁子、ナツメグ、シナモン……。「東に来たな」という感がする。プルクデル(コロッケ)とゆで卵をごろっと入れ、細く裂いた鶏を散らす。鶏は香辛料とともに4時間もゆでてあり、すっかり軟らかい。
 もう一品の「ハバン」は「赤」という意味。インドネシアで最も辛いといわれる「チャベ・バンジャル」を使う。と言っても、種を丁寧に取り除いてから何度もゆでるので、辛さは大分抜いてある。普通は淡水魚を使うが、この店では鶏にアレンジ。土日のみ出されるナシ・クニンにとても良く合う。

 
11DSCF2269Soto Banjar Nyaman Antasari Ibu H. Amir
ジャカルタでバンジャル人が集まる場所になっている。チャベ・バンジャルなどの材料はバンジャルマシンから仕入れている。
Jl. Pangeran Antasari No.49, Cilandak/Tel: +62(0)21-9405-6115/7:30-21:00(新年16:00)/イドゥル・フィトリの時に2週間休み/支店: Jl. Tebet Barat Raya No.44; Gedung Telkomsel Smart Office, Jl. Gatot Subroto Kav.52。
ソト・バンジャール、ご飯またはクトゥパット。2万5000ルピア
アヤム・マサック・ハバン、ご飯。2万5000ルピア

<特集>インドネシア アヤム紀行
アチェ Ayam Tangkap
北スマトラ Ayam Gota
パダン Ayam Pop
ジャカルタ Ayam Pecak
ジャカルタ Bakmi Ayam
スカブミ Bubur Ayam
スラバヤ Soto Ayam Ambengan
マドゥラ Satai Ayam
バリ Ayam Betutu
ロンボク Ayam Taliwang
マナド Ayam Woku, Ayam Rica-rica