untitled-1

 僕の名前はモコ。食べることが大好きで、しょっちゅう食べ歩いている。僕が食べ歩きで見つけたお薦めの店をご紹介するよ。まずは、週2回は食べたいバッソ!

 バッソを知らない人はいないね? でも、「バッソ・アアン」のバッソはジャワのバッソ、屋台のバッソとは違うよ! 本店はスマトラ島メダン。レシピは代々受け継がれて、今は3代目になる。ジャカルタ店は2014年にオープンした。

 ここのバッソは、牛すじ肉と牛ひき肉を使う。牛すじ肉はまとめにくいので、まん丸ではなく、ごつごつした不格好な形の団子になる。

 牛すじ肉は硬くてなかなかかみきれないというイメージがあるね。ところが! ここの牛すじバッソはとっても軟らかくて、歯触りは普通の肉のように滑らか。口の中でじゅわっと肉汁となる。

 スープはコリアンダーとネギがたっぷりで、香り高い。このにおいをかぐと、おなかがぎゅっと空くね。僕は真っ先に、この店特製のサンバルを入れるよ。みじん切りにしたニンニクがたっぷり入っていて、そんなに辛くない。少し甘みが感じられるぐらいだ。スープに落としても味を壊さないし、すっとさわやかになるんだ。入れ過ぎて辛くし過ぎちゃったら、急いで、甘酸っぱい金柑ジュース(Jeruk Kietna)を飲むといいよ! これもメダン名物だ。

 Nothing Beats Bakso Aan! バッソ・アアンにかなう物なし!

 

Bakso Aan

Jl. Ruko Elang Laut Blok B No.7, Pantai Indah Kapuk, Jakarta
Tel : +62-(0)21-2921-9128
9 : 00 – 21 : 00
第2日曜と第4日曜休み
バッソ1杯4万ルピア

本店(メダン)
Jl. Singa No.163/9B, Medan
10 : 00 – 19 : 00

Harmoko Aguswan  ハルモコ・アグスワン
通称モコ。サウンド・エンジニア。インドネシアや海外の各地で食べ歩き、その土地のソウルフードを探している。スマトラ島パレンバン生まれ。

モコさんのインタビュー
#2 Kim Tek
#3 Rumah Makan Asia