ジャカルタの象徴といえば、「モナス」の名前で親しまれている独立記念塔(Monumen Nasional)。広い公園を散策したり、観光カーに乗って園内を回ったり、塔に上ったり、というのが通常の観光パターンだが、新しい見所が出来た。それは、「噴水ショー」!

monas_DSCF1058
 実は、モナスの噴水自体は2005年からあったが、2007年に水の噴出装置が壊れ、そのままになっていた。今年2月に、アホック前ジャカルタ州知事が修復に着手。修復費4億ルピアのうち2億ルピアをアホック前知事がポケットマネーから出し、残り2億ルピアは作曲家のアディーMSやモナス管理事務所などが負担した。こうして、無事に修復とグレードアップを終え、8月12日にオープンしたばかり。

 噴水ショーがあるのは土日のみ。午後7時半からと同8時半からの1日2回。1回のショーは約30分だ。

 ショーは音楽付き。「タナ・アイル・ク」から始まり、アディーMS編曲のインドネシア各地の曲に乗せて、噴水が踊る。

 ショーは大人気で、ショーの始まる30分ほど前には、すでに2000人ぐらいの人が集まっていた。噴水を取り囲み、カメラやスマホを構え、ショーの開始を待ち構えている。

monas_DSCF1090
 噴水への色とりどりの照明や映像投影はまだできておらず、資金不足の噂も聞こえてくる。全部が整ったら世界最先端の設備を供えた噴水になる計画で、2018年の完成を目指している。

 モナスと噴水の両方が入るアングルは、メダン・ムルデカ・バラット通り側から狙うと良い。

 


ジャカルタの 一番アツイ場所は どこだ?!

「となりのコーヒー」って何?
Kopi Tetangga

アイスコーヒーを、もう1杯。
Kopi Sagaleh

野菜だけのハンバーガーを食べる。
Burgreens

友達と一緒にエクササイズする。
Boot Camp

新型「車バジャイ」に乗る。
Bajaj Mobil